2学部制スタート

HOME広報特設ページ2学部制スタート

都留文科大学教養学部2018年開設

若者を伸びやかに育てる人間探究の大学として、60年以上にわたり歴史と伝統を積み重ねてきた都留文科大学。2018年4月、2学科を擁する教養学部を新設し、新たな歩みが始まります。

2学部制スタート

教養学部創造力につながる教養

特定の分野での深い専門性と幅広い見識に基づいて、複雑な課題を解決するための新たな価値を作り出せる能力や姿勢を身に着け、社会の活性化や課題解決に貢献できる人材を育成します。

大学での学びを実践できる機会を多く取り入れることで、理論と実践を関連付けながら学びを、確かな力へと深化させ、社会のさまざまな場面で実際に活用できるよう導きます。

学校教育学科

学校教育全体を見通す教員養成へ
【中学校数学・理科免許課程を新設】

少子化を背景に、今後、小中一貫教育を実施する「義務教育学校」が広がっていくと考えられます。都留文科大学では、開学以来培ってきた教員養成の伝統をさらに進化させ、小学校免許と中学校主要五科目(国語、社会、数学、理科、英語)のいずれかの教員免許を持ち、「義務教育学校」で活躍できる教員を育成するため、学校教育学科を開設します。

大学での講義と教育現場での日常的な活動を通して、教職に対する高い使命感を涵養するとともに、確かな教育観や子ども観を醸成し、高い人間力と確かな指導力で子どもたちを未来へと導く教員を養成します

  • 学校教育学科
  • 学校教育学科

地域社会学科

Think Global,Act Localの実現へ
【国際的な視野と地域での実践を重視した教育】

地域とは、大学のある山梨県や都留市だけを意味するものではなく、日本各地の地域であり、世界もまた、さまざまな地域が集まって形成されています。都留文科大学では、急速に変化する現代社会の本質を深く理解し、自らの有する実践的なスキルを駆使して、社会で広く活躍できる人材を育成するため、地域社会学科を開設します。

大学での講義と地域での活動をリンクさせながら、地域理解力、構想力、行動力、協働力を育み、知識を蓄え、実践的なスキルを磨き、あらゆる地域で、地域的な視点と国際的視点の両面から地域の課題を的確にとらえ、その解決に向かって有為な活動ができる、真の社会人を養成します。

  • 地域社会学科
  • 地域社会学科

文学部

さまざまな角度から日本と世界の文化を考察し、人間を探究する精神と時間的、空間的に広く物事を考察できる視野を培うとともに、豊かな人間性と高い能力を持ち、社会で広く活躍できる人材を育成します。

国文学科

日本語と日本文学についての、広く深い学びを通して、日本が誇る文化と伝統の本質を探究し、人間理解へとつなげます。

英文学科

英語圏の文学、言語、文化に関する専門的な学びを通して、高度な英語コミュニケーション能力を養い、グローバルシーンで活躍できる人材を育成します。

比較文化学科

世界のさまざまな文化や社会の在り方を、比較の観点から学際的に探究し、新たな文化創造の担い手を育成します。

国際教育学科

世界標準の教育を英語で学び、体験することで、21世紀型の教育者を育成するとともに、社会が求めるグローバル人材を育成します。

都留文科大学