[特集] 地域連携

HOME広報特設ページ[特集] 地域連携

[特集]都留文科大学を読み解く3つのキーワード3「地域連携」

地域と密着した学生生活で得られる学び

sp3_h2_img.png

フィールド・ノート

地域の自然や文化を観察し、記録し、学び合う

『フィールド・ノート』は、地域交流研究センターのフィールド・ミュージアム部門が発行する冊子です。都留市全域を、自然や人の暮らしが間近に観察できる生きた博物館と考え、地域の魅力や課題を記録し学び合う目的で発行してきました。

企画の立案から発行までの一連の編集作業をしているのは本学の学生です。オールカラーの冊子を年間4号発行し、全国の読者にお届けしています。

自ら地域に出て、観察し、人に会い、表現するという経験は、大学での学びを深めたりこれからの生き方を考えたりする契機となるでしょう。編集に携わった卒業生は、ここでの経験を活かして幅広い分野で活躍しています。

なお、『フィールド・ノート』のバックナンバーは、本学のホームページでご覧いただけます。

  • sp3_img_a_002.png
  • sp3_img_a_003.png
sp3_img_a_001.png
sp3_img_a_004.png

フィールドノート編集部
社会学科 環境・コミュニティ創造専攻4年
伊藤 瑠依さん(山形県出身)

たくさんの出会いと学びに感謝

編集部は学生主体で運営しています。企画段階から各々の興味や考えが尊重されるなど、やりたい事ができる環境が整っています。

私は「人」への興味から様々な方にお会いしてきました。仕事や世界観、価値観などに触れるなかで多くを感じ、自分の将来に対する考え方も変わりました。この素晴らしい学びに感謝しています。

つる子どもまつり

子どもたちに地域の中で健やかな成長を遂げてほしい

『つる子どもまつり実行委員会』は、<子ども>と<子どもを取り巻く環境>に関わる学習と実践を行う団体として、「子どもたちに地域の中で健やかな成長を遂げてほしい」という想いのもとに「つる子どもまつり運動」を行っています。

つる子どもまつり運動では、様々な活動が行われますが、その集大成となるのが、毎年5月に開催される「つる子どもまつり」です。学生だけでなく地域の方とも協働しながら行う小学生を中心に幅広い年齢の子どもを対象にしたおまつりで、今年で48回目を数えます。

当日は、影絵や読み聞かせ、工作、映画鑑賞、運動、ダンスなど、小さな子どもから大人まで楽しめる様々な企画が実施されます。

  • sp3_img_b_002.png
  • sp3_img_b_003.png
sp3_img_b_001.png
sp3_img_b_004.png

つる子どもまつり実行委員会
国文学科3年
横内 美咲さん(長野県出身)

みんなの記憶に残る一日に!

さまざまな学生団体が集まり地域の方々と一緒になって、「想い」を胸に創り上げていく「つる子どもまつり」。
今年は、「一人ひとりが活躍できる場にしよう」という目標を掲げ、企画を練り、準備を重ねてきました。学生スタッフも、地域の方々も、遊びに来てくれた子ども達も、全員が笑顔で楽しめる一日にしたいと思っています。

都留アスリート倶楽部

地域の方や子ども達に、運動の楽しさを伝える

『都留アスリート倶楽部』は、平成15年に立ち上げた「陸上運動・競技教室」です。そこには、当時オープンしたばかりの「やまびこ競技場」を地元に開放し、陸上競技の普及につなげるとともに、教員志望の学生の学びの場にしようとの想いがあります。以来、都留市陸上競技協会の協力のもと、本学陸上部が中心となって、毎回プログラムを構成し、指導し、終了後に振り返りをして次の教室につなげるという活動を続けてきました。

平成19年には『総合型地域スポーツクラブ』に発展し、他のスポーツ教室も開催されるようになりましたが、毎月2回の「陸上運動・競技教室」については、引き続き本学が担当しています。

教室には、都留市内だけでなく周辺地域からも多くが参加し、幼児から一般の方までがそれぞれのレベルに合わせて陸上運動や陸上競技に親しんでいます。

  • sp3_img_c_002.png
  • sp3_img_c_003.png
sp3_img_c_001.png
sp3_img_c_004.png

都留文科大学陸上部
初等教育学科3年
林田 小葉さん(長崎県出身)

陸上を通して多くを学べる貴重な場

月2回の教室は、大好きな陸上競技を通して地域の方々と触れ合える貴重な機会。
「走る」「跳ぶ」「投げる」が上手くなるだけでなく、身体を動かす楽しさや気持ち良さを感じてもらえるよう、遊びの要素を取り入れるなど工夫しています。終了後の笑顔や「楽しかった!」の声が、「また頑張ろう」の原動力になっています。

都留文科大学