福田学長による学部・学科改編(構想中)についての記者会見の様子が新聞各紙に掲載されました

HOMEお知らせ一覧お知らせ福田学長による学部・学科改編(構想中)についての記者会見の様子が新聞各紙に掲載されました

メディア情報

6月29日「山梨日日新聞」「毎日新聞」掲載
6月30日「朝日新聞」掲載

6月28日(火)に行われた福田誠治学長による学部・学科改編(構想中)についての記者会見の様子が、新聞各紙に掲載されました。記者会見では、初等教育学科と社会学科の2学科の改編と新学部の開設を現在構想中であることを報告いたしました。また、社会学科の学科改編の準備室において、特任教授として元総務大臣で野村総合研究所顧問の増田寛也氏を採用し、学科改編に関するアドバイスを頂くことも合わせて発表されました。

増田寛也
1977 年東京大学法学部卒業。岩手県知事(1995 〜 2007 年)、総務大臣(2007 〜 08) を歴任。2009 年より野村総合研究所顧問、東京大学公共政策大学院客員教授。2011 年より日本創成会議座長。著書に「地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減」がある。

都留文科大学