講義等の休講措置について

HOMEお知らせ一覧お知らせ講義等の休講措置について

講義等の休講措置について

平成27年2月4日より、講義等の休講措置についての取り扱いが変わりましたのでお知らせします。

1.自然災害等に伴う全学休講について

  1. 台風等により、事前に自然災害の発生や交通障害が予想される場合は、学長の指示に基づいて、事前に大学ホームページで知らせます。ただし、状況の変化によって全学休講措置を解除することがありますので、大学ホームページに注意を払ってください。
  2. 都留市が含まれる山梨県東部・富士五湖地域内において特別警報が発令された場合は、次の原則に従って処理しますので、気象庁ホームページ等に注意を払ってください。
    ア.当日午前6時までに解除された場合は、全学休講措置はとらない。
    イ.当日午前6時から同10時までに解除された場合、第2時限まで全学休講
    ウ.当日午前10時までに解除されない場合、全日全学休講
  3. 台風等の影響で鉄道運休・不通となった場合の全学休講措置については、次の原則に従って処理しますので、ニュースなどに注意を払ってください。
    ア.JR中央本線の高尾‐甲府間が完全に不通となった場合
    (1)当日午前6時までに回復された場合は、全学休講措置はとらない。
    (2)当日午前6時から同10時までに回復された場合、第2時限まで全学休講
    (3)当日午前10時までに回復されない場合、全日全学休講
    イ.富士急行線の大月‐河口湖間が完全に不通となった場合
    (1)当日午前8時までに回復された場合は、全学休講措置はとらない。
    (2)当日午前8時から同12時までに回復された場合、第2時限まで全学休講
    (3)当日午前12時までに回復されない場合、全日全学休講

2.担当教員の都合による休講について

  1. 事前に休講となることが明らかな場合学内の掲示(掲示板や教室への掲示)で休講を知らせます。
  2. 臨時の授業休講の場合休講掲示がなく、授業開始時刻から30分を過ぎても担当教員が教室等に出講しない場合、その授業は休講とします。
    この場合、教務窓口まで、受講者代表(2名以上)がその旨を連絡してください。

(平成27年度学生便覧より掲載)

講義等の休講措置について (PDF 86.7KB)

都留文科大学