12月17日(木)「山陽新聞」掲載  西日本ESDミーティング2015で、 本学 社会学科 高田教授が基調講演を 行いました

HOMEお知らせ一覧お知らせ12月17日(木)「山陽新聞」掲載  西日本ESDミーティング2015で、 本学 社会学科 高田教授が基調講演を 行いました

メディア情報

12月17日(木) 「山陽新聞」掲載
都留文科大学 社会学科 教授 高田研

12月17日(木)に「山陽新聞」に、今月16日に岡山県で実施された西日本ESDミーティング2015の様子が掲載されました。同ミーティングにおいて、本学 社会学科の高田教授が「地域課題へのESDとしての向き合い方」の題で基調講演を行いました。講演では、高田教授が行っている学生と一緒に都留市の各地に足を運び、地域住民と少子高齢化や里山保全といった課題について語り合う活動が紹介されました。また、その後に行われた分科会では、コメンテーターを務められました。

都留文科大学