新型コロナウイルス感染症により家計が急変した学生等への支援について【5月11日追加】

HOMEお知らせ一覧お知らせ新型コロナウイルス感染症により家計が急変した学生等への支援について【5月11日追加】

学生及び保護者の皆様へ

高等教育の修学支援制度

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生等への支援として、文部科学省が実施する高等教育の修学支援新制度があります。
採用対象となると、給付奨学金を受けることができ、授業料も免除(一定割合)されます。

支援を希望する方は、早めに下記の日本学生支援機構ホームページにある「給付奨学金(家計急変)PDFファイル」で制度について確認してください。

https://www.jasso.go.jp/sp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html

注意事項

  1 手続きの詳細については学内サイトに掲載いたしますので保護者様と情報共有をお願いいたします。

  ※2 申請者の授業料引き落としの保留については、5月8日までに、学生担当へ給付奨学金に申し込む旨をメールして下さい。5月26日に予定されている授業料引き落としを
    認定結果がでるまで保留いたします。なお、ご不明な点は学生担当までお問合せ下さい。[学生担当メールアドレス gakusei(ここに@が入ります)tsuru.ac.jp]

 

【参考】文部科学省
    コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ (PDF 1.84MB)

    【Q&A】新型コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ (PDF 109KB)
    

 

その他の相談・支援等

【大学独自の支援】※学生担当へお問合せ下さい

  • 給付奨学金(家計急変)に該当しない、もしくは元々対象外となっている学生(私費留学生、大学院生等も含む)で、授業料の支払が困難な場合相談して下さい。 
    経済的支援として、現在の支援(奨学金・授業料の猶予・免除・生活資金の貸付など)に加え、大学独自の支援も検討しております。ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。【5月11日追加】
    ※独自の支援内容については、詳細が決まり次第ホームページ等でお知らせします。

  • 緊急で生活資金等が必要な場合、都留文科大学後援会にて最大無利子で10万円の貸付事業を実施しております。

  • 学生全員に対して、都留市より使い捨てマスク(50枚)1箱を、都留文科科大学後援会より布製マスク2枚の配布を予定しています。【5月11日追加】
    ※配布日程等の詳細については近日中に学内サイトでお知らせします。

 

【都留市の支援】※都留市へお問い合わせ下さい。【5月11日追加】

   
   

 

 

都留文科大学