【学長メッセージ】東京等からの通学・通勤及び前期授業についての方針 -7都府県に対する緊急事態宣言を受けて-

HOMEお知らせ一覧お知らせ【学長メッセージ】東京等からの通学・通勤及び前期授業についての方針 -7都府県に対する緊急事態宣言を受けて-

新型コロナウィルス感染症の拡大が続くなか、4月7日、「緊急事態宣言」が発出されました。山梨県は対象地域に指定されてはいないものの、感染拡大の重要な局面にあります。
一方、令和2年4月1日時点で、文部科学省からは、大学設置基準第21条等で定める必要な学修時間を確保することが求められています。
これらのことを踏まえ、都留文科大学としては、下記の基本方針のもと、感染拡大の防止と学生・教職員の安全を図りつつ、新年度のプログラムと授業を実施していくこととします。

 

◆基本方針

  1. 本学の学生に豊かな学びの機会を提供すること、及び、いかなる場合にも学生の学びに対して不利益とならないようにすること
  2. 学生・教職員とも、新型コロナウィルスに感染することのないように、また、都留市とキャンパスに持ち込むこともないように、感染リスク回避と体調管理に細心の注意を払って生活・行動すること

以上

令和2年4月8日 都留文科大学学長 藤田 英典

※基本方針説明の具体的内容については、PDFをご覧ください。

基本方針説明.pdf (PDF 110KB)

 

都留文科大学