12月3日沖縄タイムズ、11月14日付四国新聞「道標 学・術の最前線から」コーナーで比較文化学科 山本芳美教授のインタビューが掲載されました

HOMEお知らせ一覧お知らせ12月3日沖縄タイムズ、11月14日付四国新聞「道標 学・術の最前線から」コーナーで比較文化学科 山本芳美教授のインタビューが掲載されました

12月3日沖縄タイムズ、11月14日付四国新聞「道標 学・術の最前線から」コーナーで比較文化学科 山本芳美教授がイレズミを通して見る社会と題してインタビューに答えています。先生は、「異文化を頭に入れて思考することが21世紀型の教養と思う」と、ラクビーワールドカップで選手たちのタトゥーが、メディアで取り上げられたことが、「日本に多文化共生の種を撒いたかもしれない」と語っています。また、先生はラクビーワールドカップ、東京五輪での訪日客対策、沖縄ハジチ展などで多くのメディアから取材を受けています。

 

https://www.tsuru.ac.jp/news/u-news/4200.html

https://www.tsuru.ac.jp/news/u-news/4268.html

https://www.tsuru.ac.jp/news/u-news/4183.html

 

都留文科大学