6月9日(日)の東京新聞に渡辺特任教授のコメントが掲載されました

HOMEお知らせ一覧お知らせ6月9日(日)の東京新聞に渡辺特任教授のコメントが掲載されました

6月9日(日)の東京新聞に渡辺豊博特任教授のコメントが掲載されました。

富士山登山鉄道 険しい道

富士山のふもとと5合目をつなぐ「富士山登山鉄道」の実現について 

富士山の環境に取り組んできた渡辺豊博特任教授は、

「世界文化遺産に申請した際に、一木一石動かさず富士山を千年後まで守る覚悟を世界に示したはずだ。整合が取れるのか」と、構想に疑問を呈す。

「富士山は国民の財産であり、少なくとも国民的議論は不可欠だ。いち自治体である山梨県ではなく、国が検討会を設けるべきではないか」と話しています。

 

 

 

都留文科大学