6月1日 (土) の毎日新聞(山形)に地域社会学科高橋洋教授のコメントが掲載されました

HOMEお知らせ一覧お知らせ6月1日 (土) の毎日新聞(山形)に地域社会学科高橋洋教授のコメントが掲載されました

6月1日 (土) の毎日新聞(山形)に地域社会学科の高橋洋教授のコメントが掲載されました。

再生可能エネルギーが送電線の容量不足により新規参入できない問題について

高橋洋教授(エネルギー政策)は、「4年前から全国で起きている問題だが、自治体が絡んでいるのは珍しい。

電力会社は原発に優先権を与えた運用をしているが、新規事業者も平等に扱うフェアなルールが必要。

送電線の増強工事費は欧州のように送電会社が負担すべきだ」とコメントされています。

都留文科大学