介護等体験

介護等体験についての概要を説明します。

「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」の施行に伴い、小・中学校教員免許状取得のための必要条件(義務)であり、体験に参加することにより単位認定(1単位)されます。原則として2年次になると実施します。

「介護等体験」は、障害者・高齢者等に対する介護、介助やこれらの方々との交流等の体験をすることにより、その体験を通して「子どもへの理解、人間への理解を深めて教員となる方への資質の向上と義務教育の一層の充実を図ることを趣旨としております。

山梨県内の特別支援学校へ2日間、社会福祉施設等へ5日間の体験に参加します。

体験費として10,000円 が必要です。

カテゴリー

都留文科大学