授業

授業に関する概要説明です。

 大学の授業は、大きく分けると「講義、演習、実験、実習及び実技」の種類に分類されます。一つひとつの授業のことを「授業科目」と呼びます。授業は、前期または後期のみの半期(15週)または通年(30週)の期間で実施されます。授業科目は1日当たりでは1時限から5時限まで開講されていて、授業時間は1時限当たり90分となっています。

授業の内容

おおむね次のようになっております。

  • 講義科目:多人数で教室内で行われるもの
  • 演習科目:少数で意見交換などをしながら行われるもの
  • 実験科目:実験室などで器具や機材などを使用して行われるもの
  • 実習科目:小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、社会福祉施設、博物館、美術館などの機関において、大学の講義等で学んだ知識・技術・方法を実地で学んだり実物を作成したりして行うもの
  • 実技科目:体育、ピアノなどの器楽演奏、合唱、書写など実際に技術、演奏、演技などを行うもの

授業科目

学部共通科目、学科専門科目、免許・資格科目に分類されているとともに、必修科目、選択必修科目など履修が義務付けられている科目があります。

授業を受けるためには、毎年度当初に履修登録をしなければなりません。授業の内容は、講義要項(シラバス)で調べます。将来の進路などを検討しながら、講義要項で関心のある科目などを調べて履修登録をして、各自が自分にあった時間割を作成します。

カテゴリー

都留文科大学