学生歌「花のかげ」

HOME大学紹介大学校歌・愛唱歌学生歌「花のかげ」

「学生歌」 誕生の頃を回顧して

都留文科大学名誉教授
作曲者 近藤幹雄

「花のかげ…」で始まるこの学生歌は、都留文科大学の前身市立都留短期大学発足2年めの昭和31年、石村正二先生作詞近藤幹雄作曲によって創作された。

短期大学発足の頃は、谷村髙等女学生の一部を大学の校舎として使用し、教育環境も極めて質素なものであった。教授会の代表者らが学生達のための歌を作ろうという提案があり、作詞を石村正二助教授に、作曲を初等教育学科助手の私に依頼があった。石村先生は、気鋭の国文学研究者として学会からも大きな期待がよせられている方であった。先生の端正なお姿と、鋭い感性を秘めながらも深く優しいお人柄が思い出されて懐かしい。現在の都留市役所のあるところに大学の校舎があり、その入口に見事な桜が立ち、全国から集う若者を迎える入学式の頃には満開の花々が空を覆っていた。「花のかげ」の花はまさにこの桜花であると思う。北海道や沖縄をはじめ各地から集まった学生達は、皆誠実で真摯で互に熱い友情で結ばれていた。「結び合う心のちかい」「しあわせをすべての胸に」「新たなる歴史をおこす」など、この詞に溢れる言葉たちは、大学と学生達の未来への石村先生の熱い希望であり、それは私達みんなの願いにほかならなかった。 石村先生は研究にも強い意欲をお持ちであったに違いない。「悔しい…」という言葉を最後に、病のため大月の病院で早逝された。「生命の讃歌」のリフレーンを聞く度に深く胸打たれるのである。優れた詞を拝見した時から、歌いやすい旋律にし、「生命の讃歌」を曲の頂点におこうという構想はあったのに、つい作曲に取り掛かるのはおくれてしまった。書き初めたら一晩でなんとかまとまりほっとしたものだった。この学生歌が今日でも歌い継がれていることは誠に嬉しい。今回の行事に際し、レコーディングなどに大変お骨折りいただいた清水雅彦先生はじめ多くの皆様に厚くお礼申し上げます。

(都留文科大学創立60周年記念記念CDジャケットより転載)

学生歌「花のかげ」

作詞 石村 正二
作曲 近藤 幹雄
編曲 山下 祐加

1 花のかげ 集える友は             3 紅葉照る 桂川岸
    青空にみなぎる力                 わきいずる 愛の泉
    結び合う 心のちかい               しあわせを すべての胸に
      生命の讃歌 みちあふれて             生命の讃歌 みちあふれて             
      こだまは返す おお都留大学            こだまは返す おお都留大学


2 緑こき 山のかなた              4 城山の 雪の下より
    富士の嶺 紫匂う                 新たなる歴史をおこす
    仰ぎみる 高き理想                学び舎に真理の光
      生命の讃歌 みちあふれて             生命の讃歌 みちあふれて
      こだまは返す おお都留大学            こだまは返す おお都留大学
 

楽譜ダウンロード

楽譜1.jpg

楽譜2.jpg

都留文科大学学生歌「花のかげ」 (PDF 1.38MB)

※注意 学生歌の著作権は、公立大学法人都留文科大学に帰属します。

カテゴリー

都留文科大学