後援会

HOME大学紹介後援会

後援会について

都留文科大学後援会は、学生のみなさんのご両親を中心に組織され、大学とは独立した予算で運営されています。1997年の発足以来、勉学や部・サークル活動、就職活動、海外留学など、広範囲にわたって、積極的に学生を支援してきました。

具体的な活動としては、英検、TOEICなどの資格取得者やクラブ活動などに援助金を給付したり、学外の学会や研究会への参加費用の一部を負担したりする「自主活動援助金」、外部講師を招いての公務員試験対策講座や教員採用試験対策講座や、模擬試験を開催したりする「就職活動支援事業」、留学や語学研修を支援する「国際交流援助事業」では、多くの学生が、無理なく貴重な体験を実現しています。また、日常の教材購入や就職活動など、やむをえない事情で資金が必要になった学生に、無利子で現金を貸与する「資金貸付事業」もあります。

ひとり暮らしの学生の食生活を応援する「ひとり暮らしの料理教室」を開催したり、学園祭では、目玉企画の一つである講演会の講師を招く資金を援助したりと、さまざまな面から充実した学生生活を支援しています。

なお、後援会では、大切な資金を有効に運用していくために諸規定を設けていますが、基本的には、できるだけ多くの学生を支援・援助したいと考えています。既存の規定に適応しないケースでも、事情によっては申請が受理されますので、気軽に本部棟2階の学生課学生担当窓口に相談してください。

※詳しくは、後援会詳細情報はこちらをご覧ください。

カテゴリー

都留文科大学