国文学専攻

国文学専攻の3ポリシーをご紹介いたします。

アドミッションポリシー

本専攻は、国文学・日本語学・漢文学・国語教育学のいずれかの分野について基本的な知識を持ち、幅広く日本文化を視野に入れ、強い関心を持っていること。さらに専門分野の研究を深めてゆこうとする意欲を持っている者を希望する。

カリキュラムポリシー

本専攻は、上代文学、中古文学、中世文学、近世文学、近現代文学、日本語学、漢文学、国語教育学各分野について総合的、歴史的に学ばせると共に、個別分野の個別のテーマを探究する上においても最適のカリキュラムを編成・実践する。

ディプロマポリシー

本専攻は志望する研究分野に対応する指導教員のもとで、テーマ、調査、方法など研究上必要な指導を詳細かつ具体的に行い、修士課程の集大成としての修士論文を完成させる。現職教員についても、再教育、再研究の場として能力をより一層進展させ、修士論文を完成させる。本専攻の研究・教育の指導により専門性を高め、日本文学、日本語についての柔軟な思考と研究分野の多角的考察ができる能力を付与する。

カテゴリー

都留文科大学