比較文化専攻

比較文化専攻3ポリシーをご紹介いたします。

アドミッションポリシー

本専攻は、複雑に変動しつつある世界を理解し、自国の文化とそれ以外の(諸)文化に精通して、国際的な視野で活動することを目指す学生を希望する。

カリキュラムポリシー

本専攻は、日本文化領域と比較地域文化領域(アジア、欧米)を設定しているが、どの領域を専門分野にする場合でも、日本文化と異文化の多様な接触・対立・交流を学べるよう配慮する。また、各領域をつなぎ、研究の基礎を築くための共通科目を充実させるとともに、各種フィールドワークを院生のニーズに合わせて実施する。

ディプロマポリシー

本専攻は、文献調査だけでなく、実地調査を可能な限り行い、そのうえで修士課程の集大成として、修士論文を完成させる。その過程で、様々な文化に対して理論的な知見だけでなく、具体的な認識を持ち、多文化共存の実践に関わることのできる能力を付与する。

カテゴリー

都留文科大学