英語英米文学専攻

英語英米文学専攻の3ポリシーをご紹介いたします。

アドミッションポリシー

本専攻は、英語運用能力があり、英語学(英語教育学を含む)・英文学・米文学のいずれかの分野において基本的な知識と幅広い英語圏文化への関心を持ち、専門分野の研究を深めてゆこうとする情熱をもっている者(現職教員・社会人を含む)を入学させる。

カリキュラムポリシー

本専攻は、英語学(英語教育学を含む)・英文学・米文学の各分野において、研究科目、演習科目、特殊研究科目を開設して、総合的に学ばせるとともに、個別分野の個別テーマを探究させる。また、多彩な関連科目を置き、英語圏文化についての講義や英語論文作成能力の養成も行う。

ディプロマポリシー

本専攻は、志望する研究分野に対応する指導教員のもとで、テーマ、調査、方法など研究上必要な指導を詳細かつ具体的に行い、修士課程の集大成として修士論文を完成させる。現職教員についても、再教育・再研究の場として能力をより一層進展させ、修士論文(現職教員および社会人入学の場合は修士研究報告書を希望することもできる)を完成させる。これらの研究・教育の指導により高度な英語運用能力を養成し、英語教育の現場などにおいても、指導的役割を担う社会的に有為な能力を付与する。

カテゴリー

都留文科大学