国文学科

国文学科の3ポリシーをご紹介いたします。

アドミッションポリシー

  • 日本の言語文化の本質を探究し、社会に貢献したいと考える学生
  • 日本の言語文化の本質を探究する国文学科は、基礎的な学力、論理的思考・文章表現に関する能力を備え、言語・文学・歴史・社会に深い関心をもち、専門的な知識を修得することによって社会に貢献したいという意欲溢れる学生を求めています。

カリキュラムポリシー

国文学科では、国語・国文学という専門を体系的に、広く、深く学ぶことを通して、学生がそれぞれの目的意識を育て、知的鍛錬力を身につけるとともに、国語科教員免許が取得できるようにカリキュラムを編成しています。国語学、国文学、漢文学、国語教育学、情報・文化、それぞれの分野について、専門性を高める一方で、4年間を通して段階的かつ体系的に履修できるよう科目が配置されています。

  • 1、2年次には「概論」科目と「基礎演習」科目を置き、まず、学問の基礎を広い視野から学び、演習形式で実践的に研究方法を学びます。2、3年次の「講読」科目では、個別の作品・作家について読みの深め方、研究の進め方、或いは研究テーマについてそれぞれの専門から研究の最前線に関する知見を学びます。また、「学史」では、史的発展を理解し、歴史的な視野を培います。
  • 3年次から、専任教員によるゼミを選び、その指導を受けて、分析力・考察力を磨き、4年次には、学びの集大成としての「卒業論文」を作成します。
  • 卒業論文を作成するためのゼミ指導を通じて、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、事務能力を鍛えることになります。
  • 「国際コミュニケーション演習」によって、日本の文化について海外に向けて発信できる人材として、グローバルな視点を獲得することを目指します。
  • 基礎から基幹科目を履修することで国文学という学問を身につけ、その上で、さらに関連科目によって他の学問ジャンルとの接点を探り、文学研究の周辺領域を知る契機とします。
  • 「日本文化史演習」を置き、座学だけではなく、学外実習として伝統芸能の鑑賞、文学史跡の現地調査、文庫・博物館等における古典籍の閲覧などを体験する機会を設けています。

ディプロマポリシー

所定の卒業要件を充足させた者に学士の学位を授与します。日本語学・日本文学・漢文学・国語教育学にわたって幅広く学び、いずれかの分野において専門的な研究を実践することにより、卒業時には次のような知識、能力等を身につけていることが求められます。

  • 言語文化を中心として、日本文化の伝統および現状について、専門的な知識と理解力を持っている。
  • 上記の内容について、海外に向けて発信・伝達する能力を有し、国際的コミュニケーションをはかることができる。また、必要に応じ、国語教育・日本語教育についての知識、実践的能力を有している。
  • 自ら見出した課題もしくは所与の課題について、情報収集・調査を行い、分析・検討を加え、考察した結果を、適切な手段で伝達・表現することができる。

カテゴリー

都留文科大学