英文学科

英文学科の3ポリシーをご紹介いたします。

アドミッションポリシー

  • 英語に日頃から接し、グローバルな視点で考える学生
  • 英語運用能力を身に付けたいと考え、英語圏の文学・言語・文化に関心があり、関連したテーマに日常的に接している学生を求めています。高校の基礎学力を有するだけでなく、様々なメディアを通して日頃から世界情勢を知ろうとしてください。

カリキュラムポリシー

英文学科は、世界において広く通用する英語の運用能力を鍛え、英語圏の文学・文化、言語・文化についての理解を深め、柔軟な思考力と知的好奇心を持ち、世界の人々と意見を交換できる国際人を育てることを目標にします。また、英語科教員免許が取得できるようにカリキュラムを編成しています。

  • 1、2年生は、英語基礎科目の区分の中から必修科目(それと選択必修科目)を履修します。さらに学年に応じて英語発展科目、基幹科目、分野専門科目の区分の中から卒業に必要な単位を履修し、学問を深めていく形態になっている。
  • 1年生の前期に必修科目「基礎セミナー」を履修する。これはレポート作成の基礎知識や技術について学び、同時に新入生と教員との人間的な信頼関係を築き上げることも目標にした科目です。
  • 1、2年次では、主に英語運用能力を強化する英語基礎科目と基幹的な専門科目を履修することが中心となる。
  • 3、4年次では、「文学・文化演習」と「言語・文化演習」の2分野から編成され、そのうち1つの演習を選択し、多様な分野専門科目の中から自分の目標に合った系統だった履修をする。
  • 演習を各自で深化・発展させ、卒論に集約する。

ディプロマポリシー

英語力を高め、英語圏の文学・文化、言語・文化を研究し、英語の習得に加え、広く国際的に通用する専門的知識を身につけた人材の育成を目指しています。

  • あらゆる場面で通用する実践的かつ専門的な英語運用能力を身につけている。
  • 英語圏の文学・文化、言語・文化の高度な教養知識、専門性を習得している。

カテゴリー

都留文科大学