都留文科大学3ポリシー

HOME大学紹介理念・憲章都留文科大学3ポリシー

都留文科大学の3ポリシーをご紹介いたします。

アドミッションポリシー

都留文科大学文学部は、文化・社会についての考察を通して、人間を探求する精神を培うべく、次のような入学者を求めています。

  • 本学での修学に必要な学力を有している。
  • 現代社会の諸問題に関心を持ち、広い視野から柔軟に対応できる理解力を持っている。
  • 自分の考えを、明快な言語で表現できる。
  • 自ら考え、行動する意欲を持っている。
  • 専門的知識を身につけようとする向学心を持っている。

カリキュラムポリシー

都留文科大学文学部は、豊かな人間性と様々な分野で活躍できる能力を育むため、教育内容の整備や充実化につとめています。

  • 共通科目は幅広い教養及び総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養することを目的とし、「教養科目」「外国語科目」「体育科目」「学部共通科目」を開設している。
  • 学科専門科目は、専攻に関わる高度な専門の知識・技術・技能を身につけ、実社会で活躍するための能力の習得を目的とする。
  • 学科専門科目の中には卒業論文が含まれ、4年間で身につけた知識・論理的思考力・研究方法等を生かし、学修の集大成として卒業論文を完成する。

ディプロマポリシー

都留文科大学文学部は、地域の特色を生かしつつ実践的、総合的な教育・研究の実施により、教育界を中心に地域社会はもとより、国家、国際社会に至るまでの様々な分野で活躍できる能力を身につけた学生の養成を目指し、所定の単位を修めた学生に対し卒業認定をします。

  • 共通科目の多面的履修を通し、健康な心身と豊かな教養、幅広く奥深い人間性を形成している。
  • 専門教育での基盤となる知識・技術を身につけている。
  • 学科専門科目において、所属学科・専攻の目標に応じた科目群について体系的な履修を行うことにより、それぞれの専門性に基づき現代社会の多様な課題を把握し処理することができる。

カテゴリー

都留文科大学