会長挨拶

HOME大学紹介同窓会会長挨拶

第14代会長 原 喜雄から皆さんにご挨拶です。

 

枠なしの表
原喜雄
都留文科大学同窓会
第14代会長 原 喜雄

「大学創立60周年を機にさらなる大学の発展と同窓生の活躍を願って」



私は、2015年8月の同窓会総会において、本学同窓会の第14代会長として、推薦・承認をいただきました。伝統ある都留文科大学同窓会のさらなる発展、活性化に向けて、邁進していく所存です。皆様方のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。
さて、都留文科大学は、本年、大学創立60周年を迎えております。しかし、その一方で大学の置かれている状況を見ますと、「氷河期から淘汰の時代」に転換しているといわれる厳しい状況を迎えています。
そのような状況のなか、昨年度、京都府、滋賀県において支部の設立総会が行われ、現在38都道府県に支部が設立され、会員相互の親睦と母校の発展にに寄与する活動が行われています。また、3万人を超える都留文科大学同窓生は、47都道府県に在住し、地域や各界で活躍し、全国的なつながりを持っています。その強みを生かし、その目的である「大学の発展への寄与」そして、「会員相互の親睦」のさらなる実現に向けて、全国の同窓生諸氏の知恵と力を結集し、同窓会の活動に取り組んで参ります。
皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。

カテゴリー

都留文科大学