研究活動における不正行為防止の取り組み

HOME大学紹介情報公開研究に関する情報研究活動における不正行為防止の取り組み

研究活動における不正行為防止の取り組み

 公立大学法人都留文科大学(以下、「本学」という。)では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成19年2月15日決定、平成26年2月18日改正)を踏まえ、公的研究費等の不正行為等を防止するための取り組みを行っています。

 

研究活動の不正行為とは

 研究活動の不正行為とは、次のいずれかに該当する行為をさします。

・捏造
 存在しないデータ、研究結果等を作成すること。
・改ざん
 研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。
・盗用
 他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を、当該研究者の了解もしくは適切な表示なく流用すること。
・その他
 二重投稿や不適切なオーサーシップなど。

 

不正行為防止の取り組み

 本学では、公的研究費等の不正を防止すること並びに不正行為が生じた場合の措置等に関して必要な事項を定めています。

 都留文科大学公的研究費不正防止計画.pdf (PDF 206KB)
 都留文科大学研究に係る不正行為の防止に関する取扱規程 (PDF 215KB)
 都留文科大学公的研究費等の不正使用防止等に関する基本方針 (PDF 94.6KB)

 

教職員行動規範

 本学では、公的研究費を使用するにあたり、学術研究の信頼性及び公正性を担保するため公的研究費の使用に関する行動規範を定めています。

 都留文科大学における公的研究費使用にかかる行動規範.pdf (PDF 85.7KB)

 

相談・通報窓口

 本学では、学内外から研究費等の「運営・管理に関する相談」及び「不正使用等に関する通報」を受け付ける窓口を設置しています。なお、相談・通報があった際は、秘密保持を徹底し、このことを理由とした不利益が及ばないよう配慮いたします。

  都留文科大学 総務課 研究支援担当 (都留文科大学 本部棟2階)
   受付時間 開校日の 8時30分~18時15分、春季・夏季・冬季の休業日は8時30分~17時15分
      Address:〒402-8555 山梨県都留市田原3-8-1
      TEL:0554-43-4341 (代表)
      FAX:0554-43-4347
      e-mail:kenkyu(ここに@が入ります)tsuru.ac.jp

 

取引業者のみなさまへ

 昨今の研究機関における公的資金の不正使用事案を受け、平成26年2月18日に改正された「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(文部科学省大臣決定)において、取引業者に対して不正な取引に関与しない旨を定めた誓約書の提出を求めることを要請しています。
 これを受け、本学においては不正行為防止関連規定等の整備・改正を行い、取引業者様から誓約書の提出いただくこととなりましたので、ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。
 なお、本学関係者から「預け金」等の不正と思われる要求があった場合は、上記の相談・通報窓口へご連絡くださいますようお願い申しあげます。

 都留文科大学における取引業者からの誓約書の徴取要領.pdf (PDF 89.6KB)
 都留文科大学との取引における誓約書.pdf (PDF 89.7KB)

 

都留文科大学