ジェンダー研究プログラム

HOME大学紹介大学の取り組みジェンダー研究プログラム

知の連携プレーにより、既存の概念に挑戦する

本年度授業風景

本学では2005年度よりジェンダー研究プログラムが開設されました。ジェンダー研究では、歴史的に形成された社会的、文化的性としてのジェンダーに注目し、多様な社会や文化の中で、性別役割や両性の関係、社会諸制度や価値・規範などがどのように形づくられてきたのか、その起源や形成過程、変化について探究し、ジェンダー秩序を見直します。階級・身分、障害、年齢、人種、エスニシティ、セクシュアリティなどの多様な問題とジェンダーとの接点を明らかにすることにより、さまざまな社会的マイノリティ、差別、人権、人間の尊厳について考察します。

ジェンダー研究プログラムNews

ジェンダー研究プログラムは2011年度をもって、7周年を迎えます。
記念となる2011年度、また2012年度には様々な企画が予定されています。

第一弾として、皆さんにジェンダー研究プログラムを知ってもらうためのパンフレットが出来上がりましたので、是非ご覧になってください。

ジェンダー研究プログラムパンフレット PDFダウンロード

ジェンダー研究プログラムパンフレット (PDF 1.86MB)

 

プログラム特色

枠なしの表
マラシュリ・ラル
第 4 回講演会講師
マラシュリ・ラル氏

ジェンダーの社会的意味の探求には、文学、歴史学、言語学、教育学、社会学といった従来の学問分野の区分にとらわれず、これらの学問的蓄積を幅広く活用することが求められます。そのため、このプログラムは、各学科が相互に協力しながら体系的に運営されるものとなっています。
科目は共通教育科目「ジェンダー研究入門」とジェンダー研究科目、および指定された各学科の専門科目から構成されています。
また、本課程を運営している委員会主催で講演会を毎年開催しており、外部から様々な分野で活躍されている方々を講師として招いています。

ジェンダー研究プログラム講演会の様子はこちらから
ジェンダー研究プログラム講演会レポート

カリキュラム

ジェンダー研究科目表 PDFダウンロード

ジェンダー研究科目表 (PDF 119KB)

将来のフィールド

プログラム必要単位修得者には修了証が与えられます。教員、公務員を目指す人だけでなく、企業、自治体などへの就職、日本や海外の大学院進学にも有利に働くでしょう。

ジェンダー研究修了者推移

ジェンダー研究プログラム運営スタッフ

運営スタッフ

本委員会はジェンダー研究プログラムが円滑に運ぶために設置されました。
学生からのプログラム科目履修に関する相談、ジェンダー研究に関するアドヴァイス等も行っています。
ジェンダー研究プログラムは全ての学生に対して開かれている学問です。
また、開講されている科目は多方面にわたっており、必ず興味を引く科目があるはずです。

運営スタッフ一覧
初等教育学科 平 和香子 藤本 恵  
国文学科 牛山 恵 古川 裕佳  
英文学科 中地 幸 大平 栄子  
社会学科 田中 夏子 野畑 真理子 黒崎 剛
比較文化学科 大辻 千恵子 分田 順子 山本 芳美

 

ジェンダー研究Q&A

比較文化学科の大辻千恵子先生と社会学科の野畑 眞理子先生に答えていただきました!

ジェンダー研究プログラム講演会レポート

これまでのジェンダー研究プログラム運営委員会主催講演会の様子についてご紹介します。

カテゴリー

都留文科大学