デジタル化資料

HOME附属機関附属図書館デジタル化資料

デジタル化資料

貴重書01本学で所蔵しているデジタル化した資料を公開しています。
富士山関連資料については、英文の解説をつけています。


 

 

富士山関連資料 Mt. Fuji related old books

貴重書02Mt. Fuji is not only the highest mountain in Japan, but also sacred symbol to the Japanese mind. It has exerted a great influence upon Japanese culture. This mountain has been the subject of uncountable stories, poems and pictures.
Mt. Fuji was inscribed as a World Heritage site (Cultural Heritage) at the 13th meeting of the World Heritage Committee in June 2013. 
Tsuru university is located near Mt. Fuji. 

[References]
1. Shizuoka-Yamanashi joint council for mount Fuji World cultural heritage registration; NPO national council on Mt. Fuji World Heritage [ed]. Mt.Fuji - the wellspring of our faith and arts. Tokyo, SHOGAKUKAN INC., 2009. 
2. Honna, N.; Hoffer, B. eds. An English dictionary of Japanese culture. Tokyo, Yuhikaku publishing Co., LTD.,1986. 
3. Bowring, R.; Kornicki, P. ed. The Cambridge Encyclopedia of Japan. New York, Cambridge unibersity press, 1993. 

[More infomation on Mt.Fuji (English) ]
[Digital pamphlet (PDF:8,195KB)] World Heritage Fujisan; Sacred Place and Source of Artistic Inspiration (2017/7/13 アクセス)

冨士之往来状
Fuji-no-ouraijo

 日本語/English

初歩教科書。文例集。本書「冨士之往来状」はおそらく「富士野往来」の写しと思われる。

「富士野往来」は室町初期に成立。1193年(建久4)に源頼朝が行った富士の巻狩りに材をとって、普通の書簡文以外のさまざまな文書の書式が収められている。


A textbook of how to write sentences that was established in the Muromachi period (1392–1573). Example sentences.
The story on the subject of hunting by Minamoto-no-Yoritomo at Fujino.

冨士の人穴
Fuji-no-hitoana

 日本語/English

御伽草子。《仁田四郎》《富士の人穴草子》ともいう。
あらすじは、伊豆国の仁田四郎忠常がりっぱな装束に身をかため人穴に赴き,毒蛇の姿の富士浅間大菩薩に遇う。夜昼3度ずつ六根に苦しみを持つ毒蛇に,頼家から賜った重宝の太刀,刀を献上すると,大菩薩は毒蛇から童子に変化し,仁田を地獄,餓鬼,畜生,修羅,人,天の六道に案内する、というもの。
多くの伝本が残っており、本学の資料もそのうちのひとつ。


The tale of the Caves (Fuji-no-hitoana, Fuji person hole) of Mount Fuji.
The story goes that Nitta-Shirou-Tadatsune (samurai) went into the cave and had a mysterious experience under Mt.Fuji.

冨士の人穴の由来
Fuji-no-hitona-no-yurai

 日本語/English

冨士山:御つたえ 御うた 全
Fujisan: Otsutae Onuta zen

 日本語/English

富士講における経典と和歌が記載されている。「富士講」とは江戸時代に成立した富士信仰のひとつで、角行の系譜を汲むものを言う。
「御伝え」は「浅間様(富士山の神霊として考えられている浅間大神のこと)への拝み方をしるす経典」とされ、おたきあげの際に読み上げられる。「御うた」は御師や信者が参拝や登山の際に詠んだものとされている。


The sutra of Fuji faith. This sutra is recited while otakiage (fire rite) is carried out.

伊勢物語
Ise-monogatari

 日本語/English

『伊勢物語』は、平安時代初期に成立した歌物語。数行程度の仮名文と歌による125の章段から構成され、在原業平がモデルとされる主人公の元服から死までを描く。
 物語の成立当初から古典教養の中心として親しまれ、『源氏物語』など日本の物語文学や和歌に大きな影響を与えたとされる。第九段に富士山を詠んだ「時知らぬ 山は富士の嶺 いつとてか 鹿の子まだらに 雪の降るらむ」がある。
 公開中のものは慶長13年(1608年)の藤原利房の写本。


Ise monogatari (Tales of ise), famous poetic narrative, produced in the early 10th century. It consists of a series of poems with prose contexts (125 sections).
In the section of "Azuma kudari (Travel to the eastern provinces from Kyoto)", Ariwara-no-Narihira saw Mt. Fuji in the trip.
"Narihira sees Mt. Fuji dusted with snow and is inspired to recite this poem:
Toki shiranu / yama wa fuji none / itsu tote ka / kanoko madara ni/ yuki no fururan
Fuji is a mountain
That knows no seasons.
What time does it take this for
That it should be dappled
With fallen snow? (trans. Helen Craig McCullough)"*

* Takashima, S, "Mt.Fuji in Art" Mt.Fuji - the wellspring of our faith and arts, (2009): pp.98-99.

 

福富絵巻
Fukutomi-emaki

  

『福富草子』は、南北朝時代に成立したとされる御伽草子で、貧乏な男が神頼みで授かった放屁の芸で長者になり、隣家の男がそれをまねようとして失敗するという話。絵巻物としては、重要文化財の春浦院本、及びクリーブランド美術館本が有名であり、これらを元にした写本・異本も数多く存在する。
公開中のものは春浦院本を元として江戸後期に描かれたもの。

 

Tale of Fukutomi is a humorous fairytail in the Muromachi priod (1392–1573). There are many manuscripts and irregularities exist.
The story of a man who became a rich with flatulent arts and a neighbor imitated the man and failed.
The story is represented with many pictures and lines.

芳野道の記
Yoshinomitinoki
江戸時代初期の僧侶・能書家の松花堂昭乗が、寛永15年(1638年)に奈良を旅した際のことを記した紀行文。寛政5年(1793)に書家・国学者の橘(加藤)千蔭によって刊行された。
假名文字遣
Kanamojizukai

北朝時代の仮名遣い書で、貞治2年(1363)以降の成立。行阿(源知行)著。『定家仮名遣』『行阿仮名遣』ともいう。
行阿の祖父源親行が藤原定家の「拾遺愚草」を清書したとき、定家の承認を得て統一した仮名遣いを、行阿がさらに増補したもの。中世以降、尊重された。

In Japanese, pronunciation is the same, but there is sometimes a different pseudonym. ex) "を (Wo)" "お (O)" , "へ(He)" and "え (E)"
The book explained about how to write pseudonyms (Japanese Kana character, "Kanamoji") and enumerate example words, in the Muromachi priod (1392–1573).
Fujiwara-no-Sadaie (Teika) wrote "Gekan-syu" which decisions on how to write Waka and make a manuscript. And Gyo-a extracted a part from this and edited "Kanamoji-zukai".
It was often used by posterity poets.

拾遺和歌集
Shuiwakashu

 

平安時代中期に成立した、第三番目の勅撰和歌集。歌数は約1350首。
 公開資料は弘化3年(1846年)藤原守業による写本で、所蔵者であった初代福島県令(知事)清岡公張(きよおか ともはる、1841~1901)の朱書入り。

 

“The Shūi Wakashū” is the third imperial anthology of waka from Heian period Japan.
It was compiled by Emperor Kazan in about 1005. Its 1,351 poems.
“Shūi(拾遺)” means “Collection of Gleanings”.
“The Shūi Wakashū” is a simple and elegant singing style.
Especially love songs are appreciated.
The person who admitted for the first time “The Shui Wakashu” as an imperial anthology is Fujiwara-no-Teika(藤原定家).

清輔奥義抄
Kiyosuke-ogi-sho

1 2 3 4 5 6 7 8

平安時代後期の歌学書。『奥儀抄』とも書く。藤原清輔 (きよすけ) 著。3巻。
天治1 (1124) ~天養1 (44) 年の間に成立。崇徳天皇に献上ののち,数回増補されている。
序で,和歌の効用や沿革などについて概括し,以下,式 (上巻) ,釈 (中,下巻) に分けて解説している。

 

浮世絵

都留文科大学