保健センター

HOME附属機関保健センター

保健センター1

保健センター

保健センターは、みなさんがより良い学生生活を送るために、健康診断や健康相談、疾病の応急処置、カウンセリングなどを通して身体面及びメンタル面での健康を保つための援助を行う機関です。

保健センターには保健師、カウンセラーが常駐しています。
学内での急な疾病やケガなどに対して応急処置を行っています。また、身体の悩みや症状に対して個別の健康相談も随時行っており、症状に応じての医療機関を紹介することも可能です。気軽に利用してみてください。

また、年間を通しての保健実施計画があり、定期健康診断、医師・助産師の健康相談、アルコール・禁煙等の健康教育を学生のニーズに沿って行っています。
障がいを持つ学生への支援窓口も併設しています。

 

健康診断

毎年、4月から5月にかけて定期健康診断を行っています。

健康診断の意義
・病気の身体異常を早期発見し、早期に治療できる。
・自分の健康状態を客観的に把握できる。
・健康の維持、増進のため日常生活を見直すきっかけになる。

定期健康診断の検査の項目
身体計測(身長・体重・BMI)・検査(血圧測定・尿検査・視力検査) ・胸部レントゲン撮影・内科診察

※健康診断を受けることにより、各種実習や奨学生の出願、進学、就職などに必要な健康診断結果証明書の発行が可能となります。

結果証明書は例年6月1日より本部棟発行機が使用できます。それ以前に就活や実習等で結果証明書が必要な場合は、定期健康診断受診後に保健センターに申請することによって翌日に発行が可能となります。また詳細な結果書(検査数値が記入されている結果書)は保健センターに申請することで発行が可能です。就職先に提出するような医師の証明が必要な詳細な健康診断については相談に応じています。
毎年定期健康診断を行っています。

※健康診断を受けていないと、各種実習や奨学生の出願、進学、就職などに必要な健康診断結果証明書の発行ができませんので注意してください。証明書の発行時期については保健センターまでお問い合わせください。詳細な診断については相談に応じます。

病気・けが

学内でけがをしたり、気分が悪くなったりした時には保健センターで応急処置をしています。一時的な処置のできる薬品が備えてあり、いつでも利用できます。保健センターで対処できない症状については、近隣の病院・専門医の紹介も行っています。
また、身体の調子が悪い時などには、休養する部屋もありますので利用してください。

健康相談

自らの健康管理のために気軽に相談できる場として、健康相談を実施しています。ダイエットなどの個別相談も行っているので気軽に来所してください。個人の秘密は厳守します。また、保健センターの中には計測室があり、身長計・体重計・血圧計・視力検査器などの備品を利用することができます。自身の健康づくりに役立ててください。

 
平成29年度の予定
医師による健康相談日
(月1回程度・金曜日15:00~16:00予約制4名まで)
・都留市立病院川島医師 6/16、7/14、10/20、12/15
・磯部医院磯部弥生医師(婦人科) 6/9、11/15、1/17
助産師の健康相談日
(前期・後期に1回 半日予約制10名程度)
・都留市立病院助産師 5/30、6/2、10/17、12/8


【場所】4号館1F
【開室時間】9:00~16:00(昼休み11:30~12:30)※緊急時には時間外でも対応します。

カテゴリー

都留文科大学