日本語教育研究室

HOME附属機関国際交流センター日本語教育研究室

Japanese Language Education & Research Division

日本語教育研究室では、留学生を対象とした日本語教育、および日本語教員を目指す学生を対象とした日本語教員養成課程のコーディネートと教員間の連携を図ります。また、日本語教育に関する相談も受け付けています。

メンバー

 
日本語教育研究室室長
国文学科 教授
寺門 日出男 本部棟521
国際交流センター 特任准教授 岡部 真理子 4号館2F 留学・国際交流室

留学生対象の日本語教育

JASTプログラム(英語圏からの短期留学プログラム)で来日した交換留学生を対象に、日本語集中コース(8・9月、2・3月)と、学期中の日本語科目(中級レベル)を開講しています。
主に私費留学生を対象とした上級レベルの日本語科目も開講しており、アジア圏・英語圏からの短期留学プログラムで来日した留学生も履修することができます。
 

JASTプログラム(英語圏短期留学生対象)の日本語および日本語関連科目

  • 「日本語中級」III~V
  • 「日本研究」I~III
     

私費留学生対象の日本語科目

  • 「日本語アカデミック・プレゼンテーション」I・II
  • 「日本語アカデミック・ライティング」I・II
  • 「日本語コミュニケーション」I・II
  • 「日本語上級演習」I・II
  • 「日本語講読」I~IV
  • 「ビジネス日本語」I・II

「日本語アカデミック・プレゼンテーション」「日本語アカデミック・ライティング」は、大学生として必要となるプレゼンテーションの技術や、レポートの書き方を取り上げます。クラスやゼミでの発表や、レポート、卒業論文作成の準備として入学後早い時期に履修してください。

日本語教員養成課程

日本語教員を目指す学生を対象とした課程で、日本人の言語生活・日本語教授・日本事情・国際理解・教育学習から28単位以上を履修すると、本大学の修了証を発行します。

平成25年度(2013年度)以前に入学した学生の場合は旧カリキュラムが適用されます。学生便覧で確認してください。

日本語教員養成課程
分類 目的 科目
「科目名」 必修科目
「科目名」選択必修科目
日本人の言語生活
に関する科目


最低履修単位:8
日本語に関する基礎知識を
確認する
「国語学概論」
「日本文法」
「日本語表現特論」
「国語表現法」
「日本語(日本文法)」I・II
日本語教授に関する
科目


最低履修単位:10
外国人からみた日本語という視点を
身につける

日本語を教えるための知識・技術を
獲得する
「日本語教育入門
「日本語教育初級文法入門」

「日本語教育中上級文法」
「外国語教授法と日本語教育」
「日本語教育評価法」
「日本語教育と第二言語習得」
「日本語教授法特論I(子ども)」
「日本語教授法特論II(大人)」

「日本語教材研究演習」I・II
「日本語教育実習」
日本事情に関する
科目


最低履修単位:6
日本について幅広い知識を身につける 日本社会史
地域史
教育史
日本史学
国文学史
日本文化・社会論 など
国際理解に関する
科目


最低履修単位:2
日本での外国人の置かれた状況に
ついての知識を身につける
「外国につながる子どもと教育」
「地方自治体と外国人」
教育学習に関する
科目


最低履修単位:2
教育についての基礎知識を身につける 「教育原理」
「教育心理学」
「教育社会学」
「マルチメディア教育(初等)」
「マルチメディア教育(中等)」

問い合わせメールアドレス:nihongo@tsuru.ac.jp

カテゴリー

都留文科大学