市民公開講座「日本文学から世界文学へ—夏目漱石と多和田葉子の鉄道小説を読む—」

HOMEイベント情報公開講座市民公開講座「日本文学から世界文学へ—夏目漱石と多和田葉子の鉄道小説を読む—」

20160810-150327-8523.png10月11日(火)・10月18日(火)・10月25日(火)開催

 夏目漱石没後100年にあたる2016年、都 留文科大学はドイツより多和田葉子さんを特任教授としてお迎えしました。漱石はイギリス留学を契機に神経を病み、日本のあるべき姿について悩み抜いた近代 の知的エリートでしたが、多和田さんは自ら2つの言語の間に身を置きながら、国家や国語という枠を越えて活躍し、現在最も注目されている「世界文学」の書 き手の一人です。
 この講座では、鉄道を題材にした二人の小説を楽しく読みながら、この100年間で私たちがどのように〈移動〉したのか考えてみたいと思います。

*11月には本学で多和田葉子さんの講演会を予定しています。

講師

【野口 哲也 : 都留文科大学国文学科准教授】
 学位・・・・・・博士(文学)
 専門分野・・・・日本近代文学
 研究テーマ・・・泉鏡花の作品研究、明治・大正期の小説についての研究
 研究・教育 業績一覧


 

内容・日時

内容・日時
第1回 10月11日(火)
18時20分~19時50分 
夏目漱石と多和田葉子の異郷体験
第2回 10月18日(火)
18時20分~19時50分 
夏目漱石の鉄道と富士山
—『虞美人草』『三四郎』
第3回 10月25日(火)
18時20分~19時50分 
多和田葉子がやって来る
—『ゴットハルト鉄道』『容疑者の夜行列車』
会場 都留文科大学2号館
定員 100名
受講料 無料
※参加できる回のみの受講でも構いません

申込み方法

お申込みは、上記申込みフォーム《申込みはこちらからをクリック》または電話にてお申込みください。

電話でのお申込みの際は、お名前、住所、連絡先、受講する回をお伝えください。

※定員に達した場合はお知らせいたします。
 

お申込み・お問い合わせ先

キャプション
◆都留文科大学 地域交流研究センター
  〒402-8555 山梨県都留市田原三丁目8番1号
  電話:0554-43-4341(代表)〈内線606〉
  FAX:0554-43-4347
  e-mail:ckouryu(ここに@を入れてください)tsuru.ac.jp
  ※お電話での、お申込み・お問い合わせへの対応は、月~金(9:00~16:30)
◆地域交流研究センターサテライト(まちづくり交流センター内)
  〒402-0052 山梨県都留市中央三丁目8番1号 
  電話番号 0554-43-1321
  ※お電話での、お申込み・お問い合わせへの対応は、火~金(9:00~16:30)

市民公開講座「日本文学から世界文学へ」チラシ

都留文科大学