地域交流研究センター主催「税を考える週間」講演会 -税の役割と税務署の仕事-

HOMEイベント情報イベント地域交流研究センター主催「税を考える週間」講演会 -税の役割と税務署の仕事-

11月30日(水)開催

「税を考える週間」講演会地域交流研究センターでは、大月税務署長をお招きして、税に関する講演会を開催します。

私たちの身の回りには、私たちが健康で文化的な生活を送るため、国や地方公共団体による多くの公共施設・公共サービスが存在しています。公共施設・公共サービスの内容は様々ですが、その費用は主に税金によって賄われています。そんな「税金」をより深く理解してもらい、納税意識の向上に向けた取り組みが、毎年11月11日~11月17日まで行われる「税を考える週間」です。

本講演においては、税の役割や税制の現状を学んでいただくとともに、税務行政の執行機関である税務署がどのような仕事をしているのかなどについてお話をしていただきます。平成28年1月から本格的な運用が始まったマイナンバー制度についても、税に携わるお立場からご説明いただきます。

これから社会に出て納税者となる大学生の皆さん、またすでに納税者として働かれている皆さん一人一人が、本講演をきっかけに税についてより深く理解していただければと思っています。

多数の皆様のご参加を心よりお持ちしております。

≪11月24日追記≫ 会場変更のお知らせ 会場は2号館2101教室に変更となります。

「税を考える週間」講演会 開催案内

「税を考える週間」講演会 開催案内 (PDF 568KB)

講師

大月税務署 松代孝廣署長

<経歴>
昭和59年4月に札幌国税局採用。平成18年7月財務省主税局税制第三課課長補佐にて「法人税などの改正」に携わる。平成26年7月財務省主税局総務課主税調査官を歴任し、平成27年7月、現職に至る。

内容・日時

日時 平成28年11月30日(水) 18時20分~19時50分
会場 都留文科大学 地域交流研究センター
2号館 2101教室

申込み方法

お申し込みはこちら

お申込みは、上記申込みフォーム《申込みはこちらからをクリック》または電話にてお申込みください。

電話でのお申込みの際は、お名前、住所、連絡先をお伝えください。

※定員に達した場合はお知らせいたします。

申込み・問い合わせ先

◆都留文科大学 地域交流研究センター
〒402-8555 山梨県都留市田原三丁目8番1号
電話:0554-43-4341(代表)〈内線606〉
FAX:0554-43-4347
e-mail:ckouryu(ここに@を入れてください)tsuru.ac.jp
※お電話での、お申込み・お問い合わせへの対応は、月~金(9:00~16:30)
◆地域交流研究センターサテライト(まちづくり交流センター内)
〒402-0052 山梨県都留市中央三丁目8番1号
電話番号 0554-43-1321
※お電話での、お申込み・お問い合わせへの対応は、火~金(9:00~16:30)

交通アクセス

学内地図こちらのページからご確認ください。 → 交通アクセス

地域交流研究センターの場所は4号館の1階です。


都留文科大学