令和2年度 講習日程・内容

HOME各種申込教員免許状更新講習令和2年度 講習日程・内容

講習日程・講習内容等をお知らせいたします。

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、講習の実施について延期や受講者数を縮小させての実施を含めて慎重に検討を重ねてまいりましたが、令和2年7月5日(日)の「【選択】1人1台の端末環境を整備するGIGAスクール構想は国語科の授業をどう変えるか」(主な受講対象者:中学校国語科教諭・高等学校国語科教諭)のみインターネットを活用した講習に実施形態等を変更して実施することとし、それ以外の講習は中止することとなりました。
既に本学に受講を申し込まれた方、本学での受講を検討していた方におかれましては、ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。(5月15日掲載)

※新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、講習の実施について検討中のため、申込みを現在停止しております。
(4月17日17時30分現在)
すでに申込みをされた方におかれましては、今後の対応が決まり次第ご連絡させていただきます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

申込みをされた方には、申込停止についてのメールを、申込フォームにご入力されたメールアドレス宛に送信しました。(4月23日)
申込みをされた方へ、申込フォームにご入力されたメールアドレス宛にお知らせを送信しました。(5月13日)
申込みをされた方へ、申込フォームにご入力されたメールアドレス宛にお知らせを送信しました。(5月14日)

 

ページの目次

必修領域:6時間

必修領域講習は、免許状の更新手続きにおいて、必修領域講習としてのみ使用できます。(他の領域への振り替えはできません。)
受講料:1講習(1日 6時間) 6,000円

全ての受講者が受講する領域

 
開催日 講習名 講習内容 講師 主な受講対象者
6月20日(土)
中止
 
【必修】
教育の最新事情

中止

必修領域の講座については、規定の4事項にわたって、最新の研究成果と実践の蓄積を踏まえた知見を提供します。講師陣は、いずれも教育現場や相談現場に実践的・臨床的に深いかかわりを持つ本学専任教員です。また、当更新講習の開催にあたって、「本当の意味で現職教員にとって有益な講習の在り方」自体を、受講者のみなさんとともに考え合う機会にもしたいと考えています。

(定員120名)

佐藤 隆
本学
学校教育学科教授

中川 佳子
本学
学校教育学科教授

小学校教諭

中学校教諭

高等学校教諭

選択必修領域:6時間

選択必修領域講習は、免許状の更新手続きにおいて、選択必修領域講習としてのみ使用できます。(他の領域への振り替えはできません。)
受講料:1講習(1日 6時間) 6,000円

受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する領域

 
開催日 講習名 講習内容 講師 主な受講対象者
6月21日(日)
中止
【選択必修】
法令改正及び国の審議会の状況等

中止

この講習では、「学校を巡る近年の状況の変化」および「法令改正及び国の審議会の状況等」の2事項を扱う。講義にあたっては、政策の背景となる社会・経済的状況並びに施策の依拠する原理についての解説、若干の関連する国際的動向にもふれる。また、施策が学校教育に与える影響については、学校を取り巻く社会的環境の変化や学校現場のうけとめ方についても目を配りながら説明を行いたい。受講者の意見交流も行いたい。

(定員120名)

廣田 健
本学
学校教育学科教授

小学校教諭

中学校教諭

高等学校教諭
7月11日(土)
中止

【選択必修】
学校におけるICT活用授業と情報モラル教育

中止

文部科学省が示す学習指導要領、教育の情報化ビジョンでは、各種ICT及びデジタル教材を活用した効果的な授業や社会の情報化に対応した情報モラル教育の実施が求められている。本講習では、国の実証事業、各種会議等の報告をもとに、教育の情報化を概説し、次期学習指導要領における授業における効果的なICT活用と情報モラル教育のあり方について、各種演習を交え、講義する。

(定員40名)

相澤 崇
本学
情報センター准教授

日向 良和
本学
情報センター准教授

小河 智佳子
本学
情報センター特任准教授

小学校教諭

中学校教諭

高等学校教諭
7月11日(土)
中止
【選択必修】
新学習指導要領に対応した外国語科及び
外国語活動の授業づくり

中止

本講習では、新学習指導要領に対応した外国語科及び外国語活動の授業づくりについて学びます。受講者は、学習指導要領のポイント、意味のやりとりの重要性、効果的なアクティビティ(歌、チャンツ、絵本の読み聞かせ等)、単元構成の在り方、評価の在り方、文字指導等について学びます。また、クラスルームイングリッシュについても学びます。

(定員50名)

上原 明子
本学
学校教育学科教授

小学校教諭

選択領域:18時間

選択領域は、18時間の受講が必要です。
受講料:1講習(1日 6時間)6,000円

受講者が任意に選択して受講する領域

 
開催日 講習名 講習内容 講師 主な受講対象者
7月4日(土)
中止
【選択】
感性を働かせてリズムに乗ろう!動いてみよう!

中止

初等教育段階における音楽・体育の感性を磨き、「生きる力」をはぐくむという学習指導要領の理念を実現するための講習を行う。

音楽は、リズムの基礎と応用、並びに歌唱・合唱教材のピアノ伴奏を実践する。

体育は、体つくり運動およびボール運動(フラッグフットボール)の指導の実際を展開する。

当講習は、2グループに分けて実施する。受講者は、必ず、体育(3時間)と音楽(3時間)を受講する。

(定員50名)

(音楽分野)
十川 菜穂
本学
学校教育学科准教授
(体育分野)
水口 潔
本学
学校教育学科教授
小学校教諭
7月4日(土)
中止
【選択】
学級集団育成の理論とグループアプローチ

中止

現代の日本の学校教育は、学級集団を基本単位とし、そこでのふれ合いや学び合いを通じて子どもたちの個性や社会性、学力などを育成していくシステムを取っています。従って学級集団の状態が良好であるかどうかが重要となります。ここでは、学級集団育成のための方法論とグループアプローチを活用した学級経営の方法、さらにQUを活用した学級状態の把握の仕方について紹介したいと思います。実習も取り入れ、体験を通した理解ができるようにしたいと考えています。

(定員60名)

品田 笑子
本学
学校教育学科非常勤講師
小学校教諭

中学校教諭

高等学校教諭
7月5日(日)
中止
【選択】
地層と化石の観察

中止

小学校「土地のつくりと変化」、中学校「大地の成り立ちと変化」では、「地層」や「化石」の観察が登場する。しかしながら「地層」や「化石」を身近に観察できる場所は少なく、経験がないため「地層」や「化石」の指導に不安を感じている教員も少なくない。この講習では、①野外での実際の地層を観察し、地層に含まれている化石を採取する。更に、②実験室に持ち帰った化石を観察し、「地層」や「化石」の成因を考察する。

(定員25名)

鷹野 貴雄
本学
学校教育学科非常勤講師

小学校教諭

 

7月5日(日)
中止
【選択】
主体的な学び、対話的な学び、深い学びを具現化する算数授業

中止

算数の授業とは、知識や技能の習得に加え、考えを進める力、根拠を考える力、自分の考えを分かるように表現する力、人の考えを理解する力、考えを発展させる力など、人間形成につなげることも重要です。人間形成を実現していく算数授業のあり方、そして「主体的に学ぶ力」「対話的に学ぶ力」「深く学ぶ力を育てる算数授業のあり方」を、演習をベースに具体的に考えていきます。

(定員60名)

滝井 章
本学
学校教育学科特任教授

小学校教諭

 

7月5日(日)

【選択】
1人1台の端末環境を整備するGIGAスクール構想は国語科の授業をどう変えるか


※対面式からインターネットを活用した講習に実施形態等を変更して実施。
※受講環境が整う方のみ申込みを受け付けます。「免許状更新講習申し込みの流れ」のページで実施方法、受講要件等を必ず確認してください。

全国で急速に広がりつつある情報機器を活用した実践事例を体験しながら、1人1台の端末環境を備えた教室における授業改革の方向性を理解する。

また、国語科教育において情報機器導入がもたらす授業改善の可能性を理解し、「主体的・対話的で深い学び」を実践するための具体的な手立てを知る。

なお、教育ICTを授業で活用したことがない方のために、ティーチングアシスタントによる個別の支援態勢をととのえる予定。

(定員30名)

野中 潤
本学
国文学科教授
中学校国語科教諭

高等学校国語科教諭
7月5日(日)
中止
【選択】
社会科の新しい動向と教材作り

中止

中学校社会科、高等学校公民科の新しい学習指導要領の動向を探り、その理解とその根底にある原理や背景を学ぶ。そのための社会科の授業実践を紹介し、意見交換等を交えながら進めていきたい。

(定員20名)

西尾 理
本学
地域社会学科教授

中学校社会科教諭

高等学校公民科教諭

7月12日(日)
中止
【選択】
子どもたちの心と関わるために

中止

現代社会のゆがみの中で、子どもたちも様々な影響を受け、それらが「問題行動」「症状」として表面化してきています。それらを私たちがどのように理解し、援助に結び付けていけば良いか、学校現場や教育実践を客観的に振り返り、見つめ直す場としていきたいと思います。その際には、援助者自身の心の在り方にも焦点を当てて考えていきたいと思います。

(定員80名)

正木 啓子
本学
学校教育学科非常勤講師
小学校教諭

中学校教諭

高等学校教諭
7月12日(日)
中止
【選択】
「主体的、対話的で深い学び」と「国語教室」

中止

小学校国語科の模擬授業を体験し、その振り返りをワークショップ形式で行って、国語科の授業創りに必要となる要素(指導事項・教材・言語活動)と児童の実態との関わりについて、検討する。併せて、アクティブ・ラーニングの活動の柱となる「主体的、対話的で深い学び」について、考察し理解を深める。最後に、「読むこと」の指導事項を中心とした単元の授業研究方法について、講義を聞いて自分の考えをまとめる。

(定員70名)

春日 由香
本学
学校教育学科准教授
小学校教諭
7月12日(日)
中止
【選択】
新学習指導要領実施に向けた中学校・高校における英語の授業づくり

中止

新学習指導要領実施に向けた中学校・高校における英語授業の進め方、授業準備の仕方についてどのような改善方法があるかを参加される先生方と一緒に考えていきます。50分の授業のつくりかた、語彙数の大幅な増加にどのように対応するか、中高の接続について考えたいこと、教材研究の方法とワークシートのつくり方など、先生方が今後、英語を指導される際に役立つ新たな視点をいくつか提示したいと思います。

(定員20名)

萩原 一郎
本学
英文学科特任教授
中学校英語科教諭

高等学校英語科教諭

講習時間

当日の受付は、午前8時30分~9時00分までです。遅刻は、原則として認められませんので、ご注意ください。
講習開始の20分前からZoomの待機室にアクセス可能です。
講義時間は、1コマ75分となります。

timetable.png

※講習時間には、認定試験時間も含まれています。
※講習時間は、それぞれの講習において変更することがあります。

カテゴリー

都留文科大学