教員メッセージ

社会学科 前田 昭彦先生からのメッセージです。

現代社会を理論的・構造的に把握した上で、地域で考え、地域で行動する

設立3 0 年目の社会学科がずっと継続してきた理念は「地域で考え、地域で行動する」学科ということでした。
本学が全国から学生を集めているという特性を活かしたものです。しかし、グローバル化の影響が直接地域に及ぶなど、いろいろな課題が複雑にからみあう現代においては、「地域で行動する」ためには理論的・構造的な背景をしっかりおさえる必要があります。
社会学科は10 年前の2 専攻化によって、この「地域で行動する」「現代社会を理論的・構造的に把握する」方向を強化しました。
後者が現代社会専攻で主として現代社会の理論的・構造的解明を行う知識・理論・分析手法を学習できます。前者が環境・コミュニティ創造専攻で、理論的な基礎のもと地域に実践的にかかわるスキルとセンスを身につけることができます。両専攻は独立ではなく共通科目がおかれ、専攻の専門科目も相互に学習でき、高めあうことが期待されています。

都留文科大学