インタビュー

学生インタビュー

学生インタビュー

ウプサラ大学(スウェーデン )に留学した学生のコメントを紹介します。

工藤 駿佑さん
国際教育学科2年 宮城県出身

ウプサラ大学で学ぶ上で、一番重要になるのが「自己管理能力」だと私は思います。受ける講義の数が少ないので、出された膨大な量の課題を次の講義までにいかに自分で段階分けして取り組みやすくするか、次回の講義の中で行われるディスカッションを充実したものにするためにどんな知識を自分が得る必要があるか、それらを考えるスキルが必要になります。国際教育学科にもそういったスキルを求められる講義(映画文化論・日本の歴史と文化・東西文化交流史etc..)がいくつかあり、履修していたころの自分を思い出しながら取り組むことができています。

中嶋 詩菜さん
国際教育学科2年 北海道出身

国際教育学科の授業は私が今まで受けてきた授業とは全く違い、ほとんどが生徒同士のディスカッションやプレゼンで、苦労しながらも主体的に学ぶことができます。北欧留学では、様々な文化が入り混じるスウェーデンで、教育と社会という大きなトピックのもと日々の授業に取り組んでいます。自分と違う意見や視点を持っている人に囲まれ、それを共有しあえるこの環境はとても刺激的です。この大学に入ってから、勉強ではない学びを経験できています。

後藤 駿介さん
国際教育学科2年 山梨県出身

理想の大学に入学できるとしたら、あなたはどんな大学を思い浮かべますか?僕は、学科全員仲良くて教授も一緒に食事会できる大学。学長から日本の教育の今後の展望について何時間も話が聞ける大学。課題に熱心で、グループ発表の準備では朝まで議論が止まらない大学。そして、発表後は決まって反省会する大学。海外教育実習で未知なる教育と出会い、英語で意見できずに夜も寝れない悔しい思いをする、好奇心が破裂するほど膨らむ留学を体験できる大学。学科全員が留学するから、半年後に成長して会おうと刺激し合える大学。そんな大学あるわけ、あったわ!

文大生が留学生にインタビュー「北欧の大学生活って?」

2018年8月、北欧に向けて旅立った国際教育学科2年生52名と入れ替わるように、北欧3か国から28名の留学生が都留文科大学にやってきました。それから2か月。国際教育学科1年の小林葵さんが、都留での留学生活や、母国での大学生活について、2名の留学生に英語でインタビューしました。

文大生が留学生にインタビュー「北欧の大学生活って?」

小林
都留での生活はどう?
ソフィア
来る前はとても不安だったけど、キャンパスでも、街でも、いろいろな人が声を掛け助けてくれるの。みんな親切だし、友達もたくさんできたよ。
ヤルマー
日本語を学んだり、東洋の思想や教育史の授業があったりと、特別な勉強ができていて、毎日が刺激的だね。それに、来日早々富士山と北岳に登ることも出来たんだ。最高だよ。
小林
都留文科大学とウプサラ大学の雰囲気はだいぶ違う?
ヤルマー
ウプサラには3万人以上もの学生がいて先生も遠い存在なんだ。その点、都留文科大学はとてもコンパクトで、聞きたいことがあればすぐに先生に質問できる。その距離感がとてもいいと思うよ。
ソフィア
授業が終わった後で、学生が主体的にやっているクラブ活動があるでしょう?私はサッカーに参加させてもらったのだけれど、とても楽しかった。ウプサラにはクラブ活動がないから都留の学生が羨ましいな。
ヤルマー
スウェーデン人は個人主義とまでは行かないけれど、一人ひとりという意識が強いんだ。日本では人と人とのつながりが強く、授業でも、集団で何かをしてサポートし合うという文化が根付いている。すごくいいね。
ソフィア
私も本当にそう思うな。そういう部分も含めてとても参考になるし、視点が増えたことで、将来教師になったとき、教える幅も広がるように感じたよ。
小林
ウプサラ大学のこと、もっと詳しく教えてほしいな!
ヤルマー
ウプサラ大学は、1400年代に創立されたヨーロッパで2番目に古い大学。歴史ある建物がいっぱいあるから、ぜひ注目してほしいな。世界中から留学生が来ているので、いろいろな国の人と交流できるのもメリットだね。スウェーデン人はシャイだから最初は冷たい印象を持つかもしれないけれど、一度打ち解けるととても親しい関係になれるから、めげずに積極的に話しかけて。
ソフィア
都留も大学街だけれど、ウプサラはもっと大学と街が一体化している感じ。都留よりも大きくて都会だから、いろいろなことが楽しめると思うわ。なかでもスウェーデンの地名が付けられた「ネーション」(様々なイベントを企画する学生クラブ)は、レストランやカフェが安く利用できるし、勉強ができる場所もあるから、学生はみんなネーションが大好き。7つのネーションのどれかの会員になれば全部を利用できるの。ぜひ訪ねてみて。
小林
私も来年北欧に留学するんだけれど、何か準備しておくことはある?
ソフィア
特にないと思う。あなたは英語もできるし、とてもフレンドリーだもの。困ったことがあれば現地の学生が助けてくれるから大丈夫よ。
ヤルマー
君は留学で何をしたいの?
小林
教育の最前線にいる国だと認識しているので、日本の教育に足りないものを北欧から上手に補えるように日本の教育との違いをしっかり学びたいし、言語にも興味があるので、現地でその国の母国語に触れてみたいな。
ヤルマー
それはいいね。きっと素晴らしい経験ができると思うよ。頑張って!

都留文科大学