比較文化学科

HOME学部・学科紹介文学部比較文化学科

比較文化学科

比較文化学科

新しい文化の創造の担い手を育成

学びの特色

世界の様々な文化や社会の在り方を、比較の視点から学際的に探究。

Point1
「比較」という視点で世界各地の文化を探究
「比較」という視点で世界各地の文化を探究
文化は、どのように生まれ変化してきたのか。文化と文化はどのように出会い、どのような関係を形作ってきたのか。現代世界の成り立ちや構造は、文化とどのような関係をもっているのかといった問いについて、「比較」の視点から学際的に追究していきます。
Point2
社会全体の現象すべてが研究対象
社会全体の現象すべてが研究対象
社会で起きているあらゆる現象を幅広く文化と捉え、現代社会が抱えるさまざまな問題に向き合い、その在り方を考察していきます。特定の文化を絶対化するのではなく、「比較」という手法を用い相対化することで、文化や思想の価値などを柔軟に見る視点を養います。
Point3
さまざまな文化・社会に直接触れる
「スタディー・ツアー」
さまざまな文化・社会に直接触れる 「スタディー・ツアー」
「スタディー・ツアー」は、文化や歴史の現場を訪れ、現地調査を行うプログラムです。見学だけでなく、当事者に直接聞き取り調査をしたり、伝統行事やお祭りなどに現地の一員として参加したりして、異なる文化への理解を深めます。
Point4
英語力を養成し海外での活動を奨励
英語力を養成し海外での活動を奨励
グローバル化が進む現代社会では、異なる文化背景を持つ人々の共生・共存は身近な課題です。本学科では、独自のカリキュラムにより、英語能力の養成に力を入れるとともに、本学留学制度やワーキングホリデーを活用しての海外での活動も奨励しています。

カテゴリー

都留文科大学