インタビュー

HOME学部・学科紹介文学部英文学科インタビュー

学生インタビュー

川本 洋輔 さん
(かわもと ようすけ さん)
英文学科4年 兵庫県出身
川本 洋輔 さん

英語で学び、英語で話す、刺激的で魅力的な学生生活

個性あふれる多才な先生が揃っていて、多くの授業がおもしろく、学ぶ楽しさも教えていただきました。終始英語で展開される授業も多く、なかでもネイティブの先生の授業では、会話を中心に実践的なスキルを学ぶことができました。僕は、ずっと英語を得意としてきたけれど、実際には全然話せないんだということに今更ながら気付き、まだまだ成長できるんだとワクワクしたり、英文学科には、ペーパーテストは得意ではないけれど英会話には長けている人も一定数いて、彼らは僕の知らない魅力的な世界に触れてきたんだなぁと刺激を受けたり…。そういう一つ一つが新鮮で、魅力的でもありました。

英語教師と歌手デビュー、2つの目標に向かって

高校の頃から、僕には高校の英語教師と歌手という2つの目標がありました。そこで、入学後は、活動が活発でコンクールでも高い評価を受けている合唱団に所属し、プロの声楽家でもある清水雅彦教授の指導のもとで歌の練習に励む傍ら、志を同じくする友人とユニットを組んでオリジナル楽曲を制作し、自作ビデオのインターネット配信やライブ活動などをしてきました。都留文科大学には穏やかで優しい人が多く、僕らの活動を応援してくれる仲間も得られて、とても勇気づけられました。

卒業後は、東京都内の企業に就職し、まずは、働きながら全力でメジャーデビューを目指します。そしていつの日か、英語教師として教壇に立ちたいと思っています。

私が都留文科大学を選んだ理由
自然豊かなキャンパスと教員養成の高い実績、首都圏へのアクセスの良さから、高校の英語教師と歌手デビューという2つの目標に向かって頑張れる環境だと考えました。

※インタビューは2018年7月に行ったものです。

卒業生からのメッセージ

樫山工業株式会社 営業本部勤務
小池 詩子 さん
英文学科2016年卒業

「海外を目指すために、東京に出る必要はない」と、卒業後は地元長野に戻った小池さん。「人生は冒険のようなもの。様々な経験を積んだ後に大学院へ進み、言語学の研究を再開したい」と穏やかな笑顔で話してくれました。

小池 詩子 さん

語学力と豊かな
留学経験を武器に、
世界を舞台に活躍。

親密な人間関係のなかで、
視野を広げ興味を深めた学生時代

母の母校でもある都留文科大学は、人と人との距離が近く、濃密な関係性を築ける場所でした。キャンパスで、誰かの部屋で、時間を忘れて友人達と語り合ったことを、今もよく覚えています。

先生方も身近で、やりたいことに向かえる環境も整っています。私は英語から言語学へと興味が深まり、その分野の世界的権威の教えを求めてカリフォルニア大学サンタクルーズ校にも留学しました。忙しくも充実した、宝物のような4年間でした。

ホテルウーマンとして活躍後、
ドイツ駐在員に転身

卒業後は、軽井沢プリンスホテルに就職し、主に外国から訪れるお客様のご案内を担当しました。また、2016年秋のG7交通相会合の際には、カナダの交通大臣を3日間にわたってアテンドするという、光栄かつ稀有な体験をさせていただくことも出来ました。その後、幅広く経験を積みたいと考えて樫山工業株式会社に転職。2018年の秋からドイツ・ミュンヘン支店に駐在し、ドイツ語という新たな言語との出会いも楽しみつつ、刺激的な毎日を過ごしています。

内定者インタビュー
伊藤 英理 さん
英文学科 5年
伊藤 英理 さん
(岩手県出身)

全日本空輸株式会社に内定

当初は留学を志望していましたが、大学生活を通して多くの友人や先生方と出会い多様な考え方に触れて刺激を受けるなかで、私自身の視野も広がり、海外での活動に興味が移っていきました。ゼミの大平栄子教授から国際交流基金のプログラム『日本語パートナーズ』を紹介して頂いたのは、3年生のときです。参加するには1年間休学する必要があり、就職に不利になるのではと悩んだのですが、「自分を持ち、考え、意識して日々を過ごしていけば、就職活動にもその後の人生にもプラスになる」とキャリア支援センターの先生に背中を押して頂き、挑戦することに。英語が通じない、日本人は自分ひとりという環境での半年間は過酷な面もありましたが、現地の人との交流を通して多くを学び成長できた経験は、一生の宝物になりました。

さらに、帰国後の就職活動にも、焦ることなく自信を持って挑むことができ、第一志望のエアラインから内定を頂くことができました。「行ってよかった!」今、心からそう思っています。

内定への道のり

内定への道のり

※日本語パートナーズ
アジアの中学校や高校に派遣され、日本語の授業アシスタントや日本の紹介をする人。
https://jfac.jp/partners/ 

カテゴリー

都留文科大学