サラマンカ大学 短期海外語学研修

HOME国際交流・留学短期海外語学研修サラマンカ大学 短期海外語学研修

サラマンカ大学は、スペイン最古の大学で、1218年にレオン王国アルフォンソ9世によって大聖堂の学問所が基礎となり創設されました。1255年に、サラマンカ大学はローマ教皇アレクサンデル4世によって、ボローニャ大学、パリ大学、オックスフォード大学とともに「世界四大大学」の一つに認定されました。また、1988年に同大学を含む旧市街地全体が、ユネスコより世界遺産として登録されました。現在、サラマンカ大学は、法学、教養学、言語学、サイエンス、医学などの学部を有し、ヨーロッパを代表する総合研究大学として有名です。

 

研修実施内容
場所 スペイン サラマンカ県 サラマンカ
概要 1クラス20名程度のスペイン語能力別の35段階にクラス分けされ、市内観光やコンサート鑑賞なども組み込まれています。語学だけではなく文化も学べる充実した内容のプログラムです。2016年夏開始新規語学研修です。
期間 夏休み期間中(8月中旬出発)3週間
研修内容および特色など

◎午前:スペイン語研修(文法・会話など)

◎午後:料理・ダンス・ギターなどスペイン文化体験

宿泊 学生寮・ホームステイ・シェアハウスから選択
研修費用 約35万円
定員 10名程度
本学における
科目名および単位
海外語学研修I~III
単位:2単位
担当 語学教育センター 宮城

 

カテゴリー

都留文科大学