留学に伴うQ&A

HOME国際交流・留学留学に伴うQ&A

国際交流センターに多く寄せられる質問のいくつかをご紹介します。

【ページの目次】

Q.教職課程を履修しているのですが、交換留学しても4年間で卒業できますか。

A 1年生の前期から計画的にしっかり受講し、教育実習のための準備もしていただけば4年間での卒業は可能です。但し、初等教育学科の方は、免許必修で受講科目が非常に多く、4年での卒業は困難かと思われます。

Q.留学した場合、就職活動はどうなるのでしょうか。

A 英語圏の大学に交換留学した場合、通常6月頃の帰国となります。タスマニア大学およびアジア圏の大学1年派遣の場合は12月から2月頃の帰国になります。6月帰国の場合、他の学生よりも活動開始時期が遅くなりますが、決して遅すぎることはありません。帰国前からエントリーシートなどを提出し、帰国の翌日からでも就職活動開始できるようにしておいてください。また留学中に現地で開催されるキャリアフォーラムに参加する人もいます。教員志望の人は準備をしっかりしておけば、その年の教員採用試験を受けることも可能です。

Q.就職には留学が有利になりますか。

A 留学したからといって就職が有利になることはありません。大学の交換留学制度などを利用して多くの学生が海外留学を経験しているので、語学力や留学経験は就職の切り札とはなりにくいでしょう。「どうして留学したのか」「留学で何を学んだのか」「留学を通してどういう自分になったのか」をきちんと伝えるコミュニケーション能力が問われることになるでしょう。

Q.卒業してからの留学を考えています。

A できれば在学中に留学することをお勧めします。交換留学するか休学して好きなところに留学して、一度は都留に帰ってきて新卒採用を目指して就職活動するほうが、その後の人生設計が立てやすくなると思います。

Q.海外の大学院に進学したいのですが。

A 海外の大学院で修士を取るのは経済的、時間的、精神的に莫大なエネルギーが必要となります。特に本学の学部で専攻した文系の修士号を取得して帰国したあと、そのことで就職が有利になることはまずないと考えたほうがいいと思います。あなたの国際経験、人格形成には大いにプラスになる経験ですが、その後の人生プランもよく考えてから決断してください。

Q.海外で日本語教師の勉強をして、そのまま海外で働くことはできますか。

A 海外で勉強することと、海外で働くことはまったく別のものと考えてください。また、日本語教師養成のためのコースを受講することと、日本語教師としての就職口があるということも別問題です。留学は留学、就職は就職と考えましょう。就職活動は、いろいろな可能性を試しながら柔軟に幅広く活動することが重要です。

留学に関する相談は国際交流センターへどうぞ

お問い合わせメールアドレス:kokusai(ここに@が入ります)tsuru.ac.jp

カテゴリー

都留文科大学