グローバルキャンパス(龍仁市)初の交換留学生として

HOME国際交流・留学留学生インタビュー韓国外国語大学校 交換留学グローバルキャンパス(龍仁市)初の交換留学生として

グローバルキャンパス初等教育学科 稲垣通也さんの留学体験談です。

この度、韓国外国語大学校のグローバルキャンパス(龍仁市)に初の交換留学生として学んだ。留学を終えた今は、嬉しさ、感動、そして感謝の気持ちでいっぱいである。今、こうして後輩たちに向けて留学体験記を書け、嬉しさが増幅してくる。

留学には語学の修得を目指して行く人たちが多いが、同時に外国の華やかな都市で遊びたいという気持ちもあるであろうし、私もそうでした。しかし私は今回の韓国留学でただ一人、ソウルを離れた京畿道(キョンギド)龍仁市で留学生活を送ることになりました。グローバルキャンパスはソウルから少し離れており、欧米系の留学生が多く、日本人学生はあまりいないため、心細さがあったのです。抽選の結果とはいえ、初めは私一人がグローバルキャンパスにいくことにやや納得がいかなかったのですが、留学を終えた今は、逆にグローバルキャンパスに一人で行けたことにとても感謝しています。なぜなら、半年という短い期間にもかかわらず、自分の想像を超える語学力を習得できたからです。広大な敷地に広々とした最新の設備を備えた講義棟や寄宿舎などの良い環境に恵まれ、私の性格にとても合う授業をしてくださった先生方、留学生を広い心で迎え入れてくれる韓国外国語大学校の方々、共に語学習得を目指すヨーロッパ圏からの留学生との出会いが今の私を作って下さったと考えています。今思い返せば、私は韓国にいる間、一度も日本語を話す機会がありませんでした。本当に語学習得を目的とするならば、ソウルキャンパスを希望するのではなく、グローバルキャンパスを希望するべきであると言いたいのです。グローバルキャンパスほど早く、集中的に、効率よく語学習得ができる場所はないと思われます。さらに、欧米圏からの留学生が多いため英語の習得にも有利であり、一石二鳥で、語学留学の楽園とでもいうべきです。ソウルキャンパスにいては、得られないものをたくさん学び、習得できたと、私は胸を張って断言できます。

ただし留学生活を送り終えて、ほとんどのことに満足している私でありますが一つだけ後悔が残っています。それは、留学期間を半年に選んでしまったことです。韓国語の4級クラスの勉強を終えて、さあ、ここからもうひと頑張りというところで、私は帰国となりました。とても残念でした。もう半年キャンパスにいて成長したであろう自分を想像すると残念でなりません。それを考えると、留学期間を半年に選んでしまった自分自身が憎くて仕方がありません。

まとめると、これから韓国外国語大学校に留学する方々は、グローバルキャンパスを選択すべきであり、留学期間に迷いがあるならばためらうことなく1年間を選択して欲しいということであります。

カテゴリー

都留文科大学