リジャイナでの一カ月

リジャイナでの一カ月1英文学科 久保 和正さんの留学体験談です。

私がリジャイナで過ごした一カ月は一生思い出に残るであろう本当に実りのある海外語学研修となりました。
カナダで本当に素晴らしい人たちと出会い、彼らと英語で交流を深め、そして「素」の自分でいれたこの一ヶ月間は私にとって非常に貴重な体験でした。このプログラムに参加する前、私は初めての海外での生活にうまく馴染めていけるか少々不安な気持ちがありました。リジャイナに到着して最初の一週間はとても長く感じられましたが、その後は不安な気持ちも薄れあっという間に一カ月が過ぎてしまいました。

私のカナダでの生活の安全を保証してくれたのはまぎれもなく私のホストファミリーでした。私の家族はホストマザーの他にその近い友達のホストファザー、中国出身のホストブラザー、長期プログラムで来ている他大学の日本人のホストシスターでした。同世代の人たちとはやはり話すことも多く、例えばホストブラザーとは一緒にバスケやサッカーそしてランニングをしたり、ホストシスターとは面白いカナダでの体験談などを聞かせてくれたりして、家で孤独を感じることは一度もないくらい彼らと楽しい日々を過ごすことができした。ところで学校では様々なカナダの文化、歴史そして文法事項などをスピーディーな英語で話す先生の指導のもと学びました。最初の授業では先生の話す英語の速さにびっくりしましたが、だんだんと耳が慣れてきて理解できるようになっていきました。

学校ではこうした勉強ばかりではなく、ビリヤードやボーリング、カウボーイキャンプなど様々な体験をすることができました。Conversation Partnerと一緒に英語で会話し、今も交流を持てていることは非常にうれしく思います。私がこの一カ月で学んだこと感じたことは非常に多すぎて語りきれませんが、一番カナダに行って強く感じたことは、英語は本当に役に立つなということです。英語を学んでおけば世界の人々とコミュニケーションが取れる、その楽しさに気がついたことが今回カナダに行っての一番の収穫だったのではないかと思っています。

リジャイナでの一カ月2今こうして日本で生活しているともう一度カナダに戻りたいなと切に思います。カナダは本当に素晴らしい国だなと今回の研修を通じ実感しました。
多くの人が心が広く、親切で寛容で、いい意味で大雑把で大胆なカナダ人の生き方は今までずっと日本という「枠」の中で生きてきた私にとって非常に新鮮で、自らの生き方を考えさせられるものでありました。カナダに一緒に行ったメンバーと話した時、「日本は何かに縛られていることが多いね」と言う人がいました。実際私もそう感じています。カナダではバスは定刻時間には来ないし、一人身の女性も多いし、仕事中に平気で会話を楽しみ、時には飲食さえします。
こうしたカナダ人の自由な生き方は、社会のモラルに縛られ、一般的に世間体を気にしながら皆と同じように過ごす日本人の生き方とは大きく異なるものでした。もっとも日本は多くのものが繊細でいいところもたくさんある国だと思いますが、今回の研修を経験して他国の良さも知り、自らの価値観を広げる良いきっかけとなりました。

カテゴリー

都留文科大学