グラウンドワーク三島では、1992年から環境悪化が進む「水の都・三島」の水辺自然環境の再生活動を展開し、市内から姿を消した清流のシンボル・ミシマバイカモ(三島梅花藻)の保護活動に取り組んできました。

一方、かつて韓国の海岸線にある水田には、春になると白く可憐なバイカモの花々が咲き乱れ、「白い海」と呼ばれていました。しかし、近年の乱開発などによりバイカモは姿を消し、1998年には絶滅危惧野生植物に指定されました。

 韓国でバイカモの保全活動に取り組む「韓国ナショナル・トラスト」とグラウンドワーク三島は、2003年より「日韓バイカモ市民交流」を開始し、2004年には環境交流協定を締結しました。2009年には、江華島のバイカモ保全地がラムサール条約湿地に登録されましたが、この登録理由の一つに、日本との国際的な環境保全活動が評価されたことがあげられます。

 そこで今回、韓国江華郡の貴重種・バイカモ保護地での保護活動や干潟での環境美化活動体験、韓国の歴史・文化を含めた相互理解のための交流・体験活動に取り組むことを目的とした「梅花藻のふるさと・江華島スタディーツアー」を8/30から9/2にかけて開催いたしました。都留文科大学の学生を中心に10名の参加者が韓国を訪れました。

 

1日目:2016年8月30日(水)成田からソウルへ

 お昼に成田空港を出発し、夕方に韓国は仁川空港に到着しました。そこから地下鉄に乗って移動し、宿泊先のホテルのあるミョンドン駅へ向かいました。

 夕食の場では、翌日からお世話になる韓国ナショナルトラストの朴さんや現地の大学生を迎え、夕食の卓を囲みました。おいしい焼肉に舌鼓を打ちながら、現地の方々との交流を深めました。

 

 

2日目:2016年8月31日(木)江華島視察

 ソウルから貸切バスに乗り、韓国の最北部に位置する島・江華島へ向かいました。

 

 まず訪れたのは、バイカモの生育する貴重な場として韓国ナショナルトラストが保護している水田です。ここで、ナショナルトラストの朴さんと合流し、この水田の概要を説明していただきました。一見、何の変哲もない水田ですが、バイカモの最盛期である5月には、一面バイカモの白い花で埋め尽くされるそうです。

 

 その後、台風の影響もありあいにくの天候の中、水田の周囲の清掃活動に皆で取り組みました。数十分の活動の間に多くのゴミが集まり、参加者一同その量には驚かされました。ラムサール条約にも登録されているこの水田の周りにおいても、このような現状にあることを体感しました。

 

 次に、朴さんよりナショナルトラストの活動をプレゼンテーションにより詳しくお話ししていただきました。バイカモと水田の共生関係や、バイカモの保護が絶滅危惧種であるヘラサギの保護にもつながっていること、水田の環境教育の場としての活用、水田で採れたお米をブランド米として販売しその収益を保護活動に還元するなど、ナショナルトラストの先端的な自然保護活動を学ぶことが出来ました。

 

 お昼には江華島の郷土料理をいただき、午後は江華島の豊かな干潟について学びました。江華島の生物多様性を支えるこの広大な干潟ですが、実際に現地を訪れてみると、やはりここでもゴミの多さに驚かされました。干潟の自然を学ぶことができる湿地センターでは、干潟に住む生き物の生態や江華島の自然の魅力を解説していただきました。

 

 

 次に向かったのは、コインドル公園と江華島歴史博物館・自然史博物館です。ここには、ユネスコ世界文化遺産に指定されている江華支石墓(コインドル)など、様々な形状の石墓が現存しており、日本ではあまり見ることのできない巨石を用いた史跡を見学しました。博物館では、かつて江華島が高麗の首都だった頃の遺物や、江華島の昆虫研究家の標本コレクションなど、貴重な品々から江華島のことを学びました。

 

 この日最後の行程は、朴さんをはじめ江華島市民団体の代表の方々とともに夕食の卓を囲み、意見交換が行われました。江華島の皆様からは、自然保護活動を続けるうえでの苦労や今後の展望、さらには日本の学生へのエールの言葉を頂き、最後は三島で再会することを約束してお別れとなりました。

 

3日目:2016年9月1日(木)ソウル市内視察

 この日は一日かけてソウル市内の各所を視察しました。

 

 まずは、ソウルの中心を流れる「清渓川(チョンゲチョン)」に向かいました。清渓川は、首都を流れる都市河川として開発や戦争などの影響を大きく受け、1970年代には暗渠化されて姿を消し、その上には高速道路が建設されました。その後、2000年代に入り、清渓川復活の世論が高まったことを受け、高速道路の撤去と河川の復元工事が行われ、2005年に現在の近自然河川へと生まれ変わりました。今では市民の憩いの場としてだけでなく、多くの観光客が訪れる観光スポットにもなっています。

 

 清渓川博物館では、学芸員の方に解説していただき、その劇的で壮大な歴史を多くの展示品や写真とともに学習しました。

 その後は実際に清渓川を歩き、現在の清渓川を体感しました。かつて暗渠化されていたとは思えないほど多くの緑に囲まれ、平日にもかかわらず多くの市民や観光客、子ども達が川辺の散策道を歩き、にぎわっていました。一方で、河畔を覆い尽くすほどの雑草が一部散策路まで浸入するなど、維持管理上の問題点も散見されました。市民の力で蘇った清渓川を後世に伝えていくためには、まだまだ課題も多そうです。

 

 

 異国情緒あふれる市場の屋台でお昼をいただいた後は戦争記念館を訪れました。朝鮮戦争の熾烈な歴史を中心とした展示の数々から、戦争の教訓を学びました。昨今、北朝鮮の動きが活発化する中、貴重な学び・体験を得ることが出来ました。

 

 続いて、かつての貴族や高官が暮らし、韓国の伝統家屋「韓屋」が建ち並ぶ「北村(プクチョン)」や、朝鮮王朝の歴代王と王妃の位牌が安置される世界遺産「宗廟」を見学し、韓国の歴史・文化に対する理解を深めました。

 

 

 夕食は再び焼肉をいただいた後、世界でも脚光を浴びているショー「JUMP」を観劇しました。「JUMP」は、テコンドーなどの伝統武術やハイレベルなアクロバットを組み合わせたパフォーマンスをベースとしたコメディーショーで、台詞がほとんどないため韓国語が分からない外国人観光客でも楽しむことができます。笑いとスリルと興奮の絶えない1時間半の公演はあっという間で、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

 

 

4日目:2016年9月2日(金)研修のまとめと帰国

 韓国スタディーツアーの最終日となるこの日は、朝食に干し鱈のスープをいただいた後、最後に、研修のまとめとして参加者の皆さんと意見や感想を共有しました。

 

 

 参加者からは、

・日韓関係が複雑化する中、実際に韓国を訪れていろいろな歴史や文化に触れてイメージが変わった。

・江華島での清掃活動や街中の散策を通してみても、やはり多くのゴミが目に付いたのは残念だった。

・清渓川の再生事業には非常に感銘を受けた。日本ではありえない事業だと思った。

等の感想をいただきました。

 

 その後、仁川空港から帰国の途に就き、無事成田空港へと到着しました。

 ツアーを通し、ガイドと通訳を務めてくださった李さんと、韓国ナショナルトラストの朴さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

 今後も、バイカモを通じた江華島と三島の交流がさらに活発化できるよう継続的に取り組みを続けていこうと思います。

 参加者の皆様、4日間の短い間でしたが大変お疲れさまでした!

 源兵衛川は、富士山の湧水を水源とする、全長1.5㎞の農業用水路です。その下流部は、エノキ、ハンノキなどの高木が生え、住宅街を流れる上・中流域にくらべ、変化に富んだ環境です。

 

 しかし近年、ヘドロの堆積、トキワツユクサ・ヒメツルソバ・アメリカザリガニなどの外来動植物の繁茂・繁殖が進み、本来の農村景観が失われつつあります。

 

 これを受けてグラウンドワーク三島では、平成20年頃より、源兵衛川の原風景の自然環境の復元・再生を目指した実践活動(環境再生ワンデイチャレンジ等)を実施しています。

 

 

 9月3日(土)午後、三島・農業人育成・都市型グリーンツーリズム推進協議会との共催で、源兵衛川下流部・第7ゾーン・三島市消防本部沿いの生物調査・植生調査・実践活動を実施しました。

 

 知徳高校情報ビジネス科3年生、市民、グラウンドワーク三島インストラクター等約30人が参加し、源兵衛川の生態系に精通する専門家から、下流部の生態系の現状や生物多様性の保全活動の重要性を学んだ後、実践活動に汗を流しました。


★新聞記事

 160904静岡新聞(源兵衛川環境モニタリング調査実施).pdf

   160905伊豆日日新聞(源兵衛川環境モニタリング調査実施).pdf



 

1.生物調査(講師:常葉大学非常勤講師 加須屋 真 先生)

 源兵衛川の生態系の現状や保全活動の話を伺った後、参加者がたも網と水槽を持ち、川の中の魚類・水生生物の捕獲・同定を実施しました。


001.jpg


002.jpg



 調査の結果、魚類ではアブラハヤ(優占種)、ウグイ、モツゴ、カマツカ、トウヨシノボリ、スミウキゴリ、昆虫類はハグロトンボのヤゴ、貝類・甲殻類ではカワニナ、ヌマエビの一種、アメリカザリガニを捕獲・同定し、富士山を水源とする湧水が流れる農業用水路・源兵衛川の生態系の豊かさを学びました。


003.jpg



2.植生調査(講師:常葉大学非常勤講師 菅原 久夫 先生)

 川沿いの在来植物・外来植物(帰化植物)を調査しました。調査区間を3箇所設け、外来植物と在来植物の同定と被度を調査しました。

 

004.jpg


005.jpg



 調査の結果、在来植物はジュズ、セキショウ、ミゾソバ、ヨモギ、ツユクサ、ヨシ等、外来植物(帰化植物)は、ハーブ、アメリカセンダングサ、メリケンガヤツリ等を確認しました。

 

 また、帰化率(帰化植物種数/全出現種数)は約66%で、外来植物が増加しつつある源兵衛川の植生の現状を学びました。

 

 

3.実践活動...外来植物(ハーブ類等)の除去、在来植物(クサヨシ等)の手入れ

 

 生物調査と植生調査の調査結果を踏まえ、ハーブ類等の外来植物の除去と、在来植物の手入れの選択除草作業を実施しました。


006.jpg


007.jpg




8月31日 東無田地区_3141.jpg
8月30日から9月5日
の7日間、災害支援サークルVS(バーサス)の第2次熊本部隊が現地から無事帰ってまいりました。
速報で写真を掲載いたします。代表の蒲原さん(環コミ1年)からです。
オレンジビブスは活動拠点RQ災害教育研究会(代表:佐々木豊志 「現代の課題Ⅹ」の先生)です。
報告会は後日開催予定だそうです。(高田)
8月31日 東無田地区_4145.jpg
              写真:活動の中心となった東牟田地区神社前
8月29日から今日までの活動を終えることが出来ました。本当に皆さんありがとうございました。
熊本ではGWの時以来の思はぬ再会があったり、また新たな出会いもありました。
 今回は主に益城町に入りました。まだまだ痛々しい震災の跡がありました。
もっと多くの人と共有できたらよかったかなとも思いました、、
 これから報告書作成に移ります!もう少し見守っていただけたら幸いです。(蒲原)
8月31日 東無田地区_7092.jpg
8月31日 東無田地区_6912.jpg

8月30日 益城町東無田地区_9945.jpg
   現地では、本校で今年の4月まで講師をしていただいていた、
   二ノ宮リムさち先生(現東海大)とご一緒させていただいています。
   東海大学は、8月から、大学をあげてボランティアに取り組んでいます。(高田)

9月2日 東無田地区_831.jpg
             写真左端 二ノ宮先生、東海大学の皆さんと。


8月30日 益城町東無田地区_2300.jpg
             写真:宮崎高虎(環コミ1期生)くんの働く美里町のVS本部施設でミーティング
     9月4日は台風の影響のため、拠点先から宿泊施設に泊めさせていただきました。反省会を開き、ボランティア活動は中止しました。(蒲原)

 帰路は台風12号に翻弄されたようですが、なんとか飛行機も飛び、全員無事帰ってきましたので速報で報告いたします。




 都留の"弱小"自然保護団体である小さな生きものと水を守る会では、現在今泉吉晴先生が所有されている水小屋の整備を進めています。高田もメンバーの一人として労働をさせていただいております。隣は「みとおし」スタッフの若月さん。

参加メンバーIMG_1386_1024.jpg


作業内容:
・水域のクレソン他を刈り取り水面と流れの確保
水底のクレソンIMG_1369_1024.jpg

・中島のマメザクラ(フジザクラ)剪定、除草
作業前IMG_1363_1024.jpg
              作業前
作業後IMG_1397_1024.jpg
             作業後
・コンクリート池の浮草除去 小屋の中の池の浮草除去(残りあり)
作業後IMG_1390_1024.jpg

・側溝の一部を除草し、水面を確保

・水路の整備

・フェンスのツル(カナムグラ、クズ)除去
 
自然の様子
・バイカモはたくさん咲いている。

・ツリフネソウが咲き始めた。
ツリフネソウIMG_1401_1024.jpg
・フタスジモンカゲロウ、オニヤンマ、シオカラトンボ、アメリカシロヒトリ幼虫、ジョロウグモ 他
フタスジモンカゲロウIMG_1366_1024.jpg
・クルミがかなり落ちてきた。
オニグルミIMG_1376_1024.jpg
 
調査地 箱崎半島、釜石東部漁協管内の集落 (2万5千分の1、釜石市行政管区図より)
箱崎半島二万五千白黒地名.jpg 通称NPO おはこざき市民会議(釜石東部漁協管内復興市民会議)の依頼で昨年から始まった聞き取り調査(フィールドワークⅥ)を通して学生たちが学ぶ教育プログラムです。
 箱崎半島から大槌の手前までの集落に生きてきた人々の、小さなライフヒストリーを一つ一つ拾い集めるように聞き書きしています。 昨年は両石、桑の浜、仮宿、白浜の4集落。今年は箱崎、根浜、片岸、室浜の4集落です。
 8月28日(1日目)
 13時 釜石駅集合 おはこざき市民会議事務局長 鈴木匠さんのご案内で、まずは津波被害地の跡でもある今回のフィールドを巡検しました。写真は箱崎漁港です。
DSC06387.jpg
 昨年の白浜の聞き取りでお聞きした、「突きん棒漁」の漁船が復活して停泊していました。この舳先に立ち、銛1本でマカジキやメカジキ、そしてイルカを仕留める漁です。大槌の赤浜が有名ですが、大槌湾対岸の箱崎白浜からも船を出していました。津波当日、イルカ漁阻止のために赤浜に来ていた環境団体グリンピースが赤浜で被災したそうです。イルカ漁は今も地域の重要な漁のひとつとなっています。見張り台の横に二股の銛が2本立てかけられているのが見えます。
突きん棒漁.jpg
 今回のフィールドからは外れますが、隣町の大槌町役場跡を訪れました。庁舎が被災し、町長以下、役場職員のほとんどが亡くなりました。この建物を保存すべきかをめぐって町は二分していましたが、取り壊しを掲げた新しい町長が当選したので、現在は取り壊しの方向に進んでいます。しかし地元大槌高校の高校生たちが存続して欲しいという声をあげたので、一旦ストップしているようです。大槌高校は地元に残る若者が多い高校です。大槌ではまち再生の動力である次の世代の言葉が育ってきているようです。
 
DSC06404.jpg

 初日の聞き取りは、おはこざき市民会議代表であり、釜石の重鎮でもある柏崎龍太郎さん(1932生)。2011年5月、学生たちと上栗林にあった避難所を慰問して以来の長いおつきあいであり、またこの調査の仕掛け人です。今回は釜石製鉄所時代の話をしていただきました。連合軍による艦砲射撃の砲火で壊された溶鉱炉が再建され富士製鉄株式会社釜石製鉄所が1950年に発足。翌春1951年4月に釜石高校を卒業して入社。叩き上げで人事管理のポストに就き、その後は隆盛期から衰退期までを鉄とともに生きた半生を語ります。
龍太郎さん初日jpg.jpg
 夜は、根浜にある料理旅館「宝来館」の女将から津波から未来の構想まで、熱いお話をお聞きしました。
2011年5月以来、本校ボランティアサークルVSは被災した「宝来館」1階の泥出し、旅館前の松林の清掃、花の植え付け、復興イベントまで様々なボランティア活動をさせていただいた旅館です。 夕食とお風呂もここで提供していただきました。女将に感謝です。根浜の自宅が被災したため、現在も栗林の仮設住宅から職場である料亭に通って仕事をされています。
宝来館女将jpg.jpg
8月29日(2日目)
 朝から別れて、聞き取りの本番となりました。翌日含めて11名の高齢者の皆さんから貴重なお話をお聞きしました。
内容は、本年度末印刷予定の報告書でお読みください。
DSC06430.jpg
 
DSCN6123.jpg

 夜は、栗林にある仮設住宅と、橋野にある地域の旧保育園に寝袋で宿泊していました。写真は栗林保育所での夕食(自炊、豚汁と焼きそば)の楽しいひとときです。三陸ひとつなぎ自然学校のスタッフ(柏崎さん久保くん)も見えます。

DSC06483.jpg
 8月30日(3日目)
 午前中は片岸、3名と午後に室浜3人を予定していましたが、迷走する台風が遂に近づき、暴風雨圏内に入ったため、朝一番。9時30分から3名を並行してのき聞き取りに変更。早目に切り上げ、避難の準備をしました。写真は三陸ひとつなぎ自然学校の柏崎未来さんが彼女のおばさんのインタビューをしているところです。
DSC07001.jpg
 近くを流れる鵜住居川の水位が上がってきたため、避難勧告は避難指示となりました。
 午後からは学生全員を連れて、釜石市立栗林小学校に避難しました。2011年3月24日に、大学で集めた支援物資を最初に運び込んだ避難所に私たちが今度はお世話になりました。これまでの聞き取りでお世話になった方々も居られます。両石の漁師である久保さん(おはこざき市民会議前事務局長)から学生たちにおにぎりをいただきました。

IMG_3622.jpg

 午後9時過ぎには台風が通過して星空が広がり、10時には水位が下がってきたので、体育館に200人余りいた住民の皆さんは次々に帰宅。私たちも無事栗林仮設住宅に帰ることができました。
IMG_3621.jpg
8月31日 (4日目)
  
IMG_3624.jpg
 台風のため、予定していた室浜3名の聞き取りはできませんでしたが、31日は地域がまだ調査できる状態ではなかったので、朝食後すぐに釜石を離れました。
上の写真は仮設の近くを流れる鵜住居川です。水位は下がってきていましたが、倒木がたくさん流れて両岸に溜まっていました。30日のニュースで報道された、道路が崩壊した箇所は我々が泊まっていた橋野の上流にある清掃工場のあたりだそうです。橋野から笛吹峠を経て遠野に抜ける道路は閉鎖されましたが、釜石と遠野を結ぶ自動車専用道路は全く影響がありませんでした。もう少しで聞き取り部隊が泥出しボランティア隊になるところでした。
DSC06508.jpg
 


カレンダー